アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

産婦人科医

【Q&A】生後7ヵ月半の男の子 (3ヶ月早い出産)

生後7ヵ月半のお子様の相談

産婦人科医の実態・・・出産を軽視する医者たち

産婦人科医の実態・・・一生のスタート地点である出産を軽視する医者たち 当方アトポスSPでは、生後間もなくのアトピー発症要因の問題ポイントは、出産環境にありと位置づけて、多くの聞き取りをしてきました。産道への抗生剤投与、帝王切開出産は、正常免…

『産婦人科医の大罪』

今回は、 『産婦人科医の大罪』についてお知らせします。 ※厳しい文章となりますがお許しください。 恐ろしい、内容です。 『出産前後の問題』で、アトピー発症の根源となる内容はこれまでお知らせしました。 この雑菌社会で生きるためには免疫保持が絶対条…

アトピーと産道の関係と、高確率でアトピーのお子様が出来ないための究極の対策をお伝えしましょう。

アトピーと産道の関係と、高確率でアトピーのお子様が出来ないための究極の対策をお伝えしましょう。 contents ■結果(アトピー)には必ずその原因はあるのです 出産時における処置を理解していれば、発症しないで、確実に回避できる方法をお知らせします。 …

アトピー性皮膚炎医療の背景

ステロイド剤は、アトピーを長期化させる。 ステロイド軟膏 昭和30年代以前は、生まれてまもなくの乾燥性湿疹に悩まされることはあっても、時間と共に改善できていた症状でした。けれど、当時(昭和30年前後)開発された夢の薬「ステロイド剤」の登場により…

日本のアトピーが3年以内でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ①

日本のアトピーが3年以内でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ① 母乳を飲む赤ちゃん これまで多くの理論を告知してきましたが、理論分散せずに克服までの全体理論もまとめる様に要望もあり、今回書き込むことにしました。この書き込みは…

【プレスリリース批評】冬生まれの子はアトピー性皮膚炎のリスクが高い?~赤ちゃんのお肌の守り方は~

・・・・ちょっと堀向先生、視点が全然違うし、その処置は、逆に皮膚炎発生の確率が高くなりますよ。(by赤嶺)※途中に【一言】コメントを入れていますので、読み辛いと思いますが・・・・・。 冬は、空気が乾燥し皮膚のバリア機能が下がります。冬は、皮…

【対談 YOUTUBE】アトピーの原因等のこと

先月公開されたYOUTUBE。 【専門家が教えるアトピーの意外な原因とアトピーに悪い習慣】 と題して、オーガニック専門サイト『IN YOU』の松浦社長と。 ※人相悪いので恥ずかしいなぁ。 【専門家が教えるアトピーの意外な原因とアトピーに悪い習慣…

アトピーと産道の関係と、高確率でアトピーのお子様が出来ないための究極の対策をお伝えしましょう。【再】

contents ■結果(アトピー)には必ずその原因はあるのです 出産時における処置を理解していれば、発症しないで、確実に回避できる方法をお知らせします。 「何で美男美女の健康なこの二人からアトピーのお子様が生まれたのか」 その産道に悪気なく抗生剤を投…

乳児湿疹って? アトピー性皮膚炎って?③

乳児湿疹って? アトピー性皮膚炎って? これまで多くの赤ちゃんの相談にのって、乳児湿疹かアトピー性皮膚炎かの判断がつかないので、判断して欲しいという相談が多くあった。当方では聞き取りすれば、殆ど間違いなく判別できるが、ご両親では、目の前の症…

日本のアトピーが3年以内でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ①

日本のアトピーが3年以内でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ① 母乳を飲む赤ちゃん これまで多くの理論を告知してきましたが、理論分散せずに克服までの全体理論もまとめる様に要望もあり、今回書き込むことにしました。この書き込みは…

N市民病院 産婦人科医師への患者意見

N市民病院 産婦人科医師への患者意見 これまで4回にわたり、産婦人科医師の批判的内容を掲載してきました。 管理者である当方にも匿名でお叱りのメールもございました。確かに、お気持ちも判るお医者様でしたが、この社会への伝道師としての立場の考え方は…

産婦人科医の思惑の一端

産婦人科医の思惑の一端 ~不妊治療にはご用心~ これまで産婦人科医の収入源の一番とされる出産収入。出来るだけ多くの収入となりえる処置を施す『帝王切開への誘導』『抗生剤投与への誘導=ガイドラインに沿った検査にて』『黄疸検査による光線療法処置』…

産婦人科医の実態・・・出産を軽視する医者たち

産婦人科医の実態・・・一生のスタート地点である出産を軽視する医者たち 当方アトポスSPでは、生後間もなくのアトピー発症要因の問題ポイントは、出産環境にありと位置づけて、多くの聞き取りをしてきました。産道への抗生剤投与、帝王切開出産は、正常免…

アトピーに対応する皮膚科医・小児科医不要説

尾畠春夫先生 アトピーに対応する皮膚科医・小児科医不要説 30年で約700万人と増えたアトピー患者。 さらに、ステロイド剤被害によって、人生を大きく狂わされた数百万人の成人の方々。 携わった医者誰もが、その責任を負おうとはしない。 『これは俺(…

産婦人科医の実態・・・出産を軽視する医者たち

産婦人科医の実態・・・一生のスタート地点である出産を軽視する医者たち 当方アトポスSPでは、生後間もなくのアトピー発症要因の問題ポイントは、出産環境にありと位置づけて、多くの聞き取りをしてきました。産道への抗生剤投与、帝王切開出産は、正常免…

『産婦人科医の大罪』

今回は、 『産婦人科医の大罪』についてお知らせします。 ※厳しい文章となりますがお許しください。 恐ろしい、内容です。 『出産前後の問題』で、アトピー発症の根源となる内容はこれまでお知らせしました。 この雑菌社会で生きるためには免疫保持が絶対条…

皮膚科医・小児科医・産婦人科医がこの日本を崩壊させる

皮膚科医・小児科医・産婦人科医がこの日本を崩壊させる このタイトル凄いでしょう、今の医療システムが壊れるか、厚生官僚天下りが無くなるか、社会貢献意識の強い皮膚科医・小児科医・産婦人科医(無理だろうけど)とならない限り、表記内容は悲しいけど実…

アトピーと産道の関係と、高確率でアトピーのお子様が出来ないための究極の対策をお伝えしましょう。

contents ■結果(アトピー)には必ずその原因はあるのです 出産時における処置を理解していれば、発症しないで、確実に回避できる方法をお知らせします。 「何で美男美女の健康なこの二人からアトピーのお子様が生まれたのか」 その産道に悪気なく抗生剤を投…