アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

【皮膚科医の戯言】ステロイド外用薬を考える

【皮膚科医の戯言】ステロイド外用薬を考える

例の元国立大学皮膚科教授のブログですが、今回はステロイド剤外用薬を考える』のシリーズ。

前回のアトピービジネスの手法』についても、何一つ検証しておらず、頭ごなしの批判であり、標準治療がアトピービジネスということもご理解できたと思います。重要となる原因を解明できずに、製薬マネー確保のための医師会の行動は、次代を担う子供たちを総アトピーにする勢いでもある。将来、恨まれることは間違いないでしょう。

 

さて、今回は、相も変わらずステロイド剤外用薬を考える』と題して、ステロイド剤の僅かなメリットとされる内容で、メカニズムもなく使用方法に徹した読む価値なしのコラムだが、ここでは『日本の皮膚科学会の無知さを露呈している』内容なので、じっくりお読みください。こんな処置なら小学生でもできる・・・と思うでしょう。

『俺は、皮膚科学会の元理事で、東大を出て国立大学の教授だったんだから、すべて正しいんだ』という感覚なんだろうね。アトピーについては全くの素人と言わざるを得ない。

ステロイド外用薬を考える(1)

ステロイド外用薬の最大のメリットは、効果が強く、確実で、なおかつ副作用が外用部位に限定される点です。主な副作用は、長期に漫然と使用した場合の皮膚萎縮とそrに伴う血管拡張、外用部位に限定したニキビやおでき、ヘルペスなどの局所の感染症です。効果については、適切な強さで適切な使用法をすると通常の湿疹は1,2週間でほぼ沈静化できます。


【赤嶺コメント】
アトピー性皮膚炎が1~2週間で鎮静化して、ステロイド剤を止められればこれほどの問題にはなりませんね。先生のこれまでの書き込みには、アトピーの原因が書かれていませんが、その原因に対しての処置がステロイド剤なんですか?いつ止められるんですか?止められた患者さん今までいないんじゃないんですか?

原因に対応した方法ではないことはご理解できているんでしょうね、この40年間何していたんですか皮膚科学会は?製薬会社からのお金ばかりを見続けてきたんでしょう。皆さんから先生と言われるお医者さんなんだから、患者に誠心誠意尽くしてください。

ステロイド外用薬を考える(2)

ステロイド外用薬の長所として、いろいろな器材が選べるということがあります。軟膏、クリーム、ローション、スプレーなどです。昼はクリーム、夜は軟膏、夏はクリーム、冬や軟膏、顔はクリーム、身体は軟膏などの使い分けも可能です。


【赤嶺コメント】
器材→基材でしょうね。基材によっての浸透が変わるために強さが変わるんですよという理由が必要ですよ、お医者さんなんですから。意味わかってなかったんでしょう。

ステロイド外用薬を考える(3)

ステロイド外用薬の特徴として、強さにランクがあり、日本では5段階に分類されています。一般に、成人に対しては、2番目に強いvery strong が使用されることが多く、乳幼児では4番目に強いmild がメインで使われています。最も弱いweekは、皮膚科診療レベルでは弱すぎてあまり使用されていません。最も強いstorongestは、角層の厚い手足や痒疹に限定されて使用されることが多いようです。


【赤嶺コメント】
どうして強くなるのか?量なのか、クラスターなのか説明されてください。皮膚部位によって浸透圧差があるからですよね。成人と乳幼児の処方薬が違うのはどうしてなのか書かれましょうね。

ステロイド外用薬を考える(4)

ステロイド外用薬を安易に混合するのは良くありません。例えば、ステロイド外用薬のストロングに当たるリンデロンV 軟膏と保湿薬であるヒルドイドソフト軟膏を混合すると、その薬は広く伸びるようになり、混合薬の強さはマイルドより下のウイークに近くなります。逆に、ベリーストロングのマイザー軟膏をワセリンで混合してもその強さはあまり変わらないことも知られています。


【赤嶺コメント】
先生の場合は、強いステロイド剤をベースにするんでしたよね。まずは、強い薬で鎮静化して、徐々に弱い薬にしましょうっていう方法ですね。どれだけ被害を受けた方が多いことでしょうね。その方々のサポートはどうしているんですか?

ま、訴訟されても勝つ自信があるんですもんね・・・『あ、その処置は国のガイドラインに沿って治療しただけです』って言うんでしょう。簡単にステロイド剤治療していると本当に訴えられ、弁護士から質問攻めにあいますよ、アトピー理論理解できていないんだから困りますよ。

 

コレクチム・その他の承認品目

ステロイド外用薬を考える(5)

ステロイド恐怖症とかステロイド拒否という言葉があります。1990年台を中心に流行った言葉です。アトピー性皮膚炎に限らず、ステロイド外用薬は良くない薬だからどうしても使いたくない。そういう患者さんが減少してきたように思います。しかも、ステロイド外用薬に対して拒否感を示すのは若い世代というよりは、むしろ老人世代のような気がします。その理由は、1990年代のメディアの激しいステロイドバッシングを記憶しているからだろうと思います。いずれにせよ、1990年以降の日本皮膚科学会ステロイド外用薬についての広報活動は一定の成果が出たように思います。


【赤嶺コメント】
ステロイド剤恐怖症、ステロイド剤拒否というのは、これまであなた方の治療で解決できなかったことと、それ以上に体内バランスがぐちゃぐちゃになって、手のつく仕様が無くなったことで、恐怖を感じたんだと思いますよ。今でもそれは継続されていますよ、この40年間す~っとですよ。最近少なくなったというのは、ネット上に民間療法の姿を消すように製薬マネーでグーグルに金払ったからでしょう。

あなた方の腹は一切傷んでいないんですよね。民間は自費でアトピーで苦しむ方々の幸せを願って活動している方々少なくないですよ。広報活動って、本当に解決できる治療方法であれば、誰も文句は言いませんよ。まずは、あなた自身が頂いた数千万円の製薬マネーをお返ししてください、7割は税金ですよ。

ステロイド外用薬を考える(6)

ステロイド外用薬の使用上の問題として、具体的な塗り方の問題があります。薬局等で「できるだけ薄く」という指示が出されて、塗る量が少なすぎて効いていないということが良くあります。私は、初診の患者さんには具体的に塗って指導するようにしていますが、病変部側に一定量の薬を乗せてから、いったん手を放してからやさしく伸ばすように指導しています。横から見ると少し光っている感じです。具体的な外用指導で、治療結果がガラッと変わってきます。


【赤嶺コメント】
ステロイド剤の副作用は、塗り方の問題だって最近の皮膚科医たちのコメントを聞きますが、本当ですか?ステロイドホルモンがどこで産生され、一生でどれくらい産生されるか、ステロイド剤の製造方法などを患者に知らせて、どうして鎮静化していつ頃良くなるんだということを知らせることが必要です。種類や塗り方や量の問題ではないですよ。

そういえば、お孫さん大丈夫ですか?まさか、まだ塗っているんですか?アトピーの専門家として活動している先生が、家族のアトピー解決できなければ大変ですよ。僕のサポートだったらあの時期スタートすれば、昨年の夏にはピカピカでしたよ。

ステロイド外用薬を考える(7)

最近、保湿薬を全身に塗ってからステロイドを上塗りするように指導したり、逆にステロイド外用薬を塗った上から保湿薬を外用するように指導している皮膚科医が少なくありません。ただ、これはどう考えても間違っています。保湿薬の上からステロイド外用薬を塗るのはTシャツの上から薬を塗るようなものですし、ステロイドの上から保湿薬を塗るとステロイド外用薬が希釈され、広範囲に広がってしまいます。どうして、誤った外用薬の風潮が広まったのか謎です。


【赤嶺コメント】
どうでもいいことですよ、、、そのな処置は、あなた方医者仲間でやりあってください。そして、処置方法を統一された方が良いんじゃないですか。患者批判・医者批判は止めましょう。

医者批判するあなたのアトピー克服理論は皆無に等しいですよ。一時的解決もあなたの力ではないですよ、ステロイド剤の作用ですよ。何もしない方が、結果的には最高治療かもしれませんね。ということは、皮膚科医小児科医が存在しなかったら、これほど多くの方々が苦しまなくて済んだと思うのは自分だけかな?

これほど多くの被害者を出したあなた方の罪に裁判所はどんな量刑になるのかな?ミドリ十字よりは酷いと思うけどね、被害者の数は、100万倍ですからね。死ぬほど辛い方々にどんな謝罪をされるのでしょう。もう準備していた方が良いですよ。

【まとめ】
お読みになれば分かると思いますが、皮膚科医ってなにも知らないんですよ。こんな医者に罹って人生を崩すことはありません。


画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

【腸内細菌シリーズ⑧】腸内細菌1200万個の遺伝子

腸内細菌1200万個の遺伝子ご存じでしたか?

 

人間の遺伝子は23,000個。

マウスの遺伝子26,000個、ミジンコの遺伝子31,000個、小麦の遺伝子26,000個で、人間の遺伝子より多いのです。

高度で複雑な構造と機能を持っている人間は、どこがマウスなどと違うのでしょう?

実は表記の通り、腸内細菌には1,200万個の遺伝子を保持し、大量の化学物質(必須成分)を産生し人間を支えているのです。であれば、この差の意味が理解できるのではないでしょうか?

腸内細菌の存在するマウスや他の哺乳類においても、人間の数分の1であり、腸内細菌の存在しない植物においては、元々の遺伝子の働きのみとなります。

ということは、その腸内細菌数が高度な構造の差を作るといって良いのです。この綿密な設計図が人間の差とも言えます。

病気は腸内細菌の差なのか

当方でも当初から、アトピーにおいてもガンや糖尿病などの生活習慣病においても腸内細菌の整備によって健康に近づくことを論じてきました。

25年前からのアトピー乳酸菌療法は、元祖なのです。

ただ、アトピーはこの腸内細菌の整備をすれば解決できるという簡単な仕組みではないのですが、この腸内細菌整備は必須と考えてサポートし続け、10,000人を超える克服者を輩出してきました。

免疫も自律系も循環器系も分泌系も骨格系もこの腸内細菌の遺伝子が、大きく関与していることは間違いことはご理解できると思います。

画像2

日本は抗菌社会

今の社会環境をみれば、抗菌、抗ウイルスを主とした社会であり、今のコ◎ナウ◎ルス禍の中では、すべてが殺菌システムであり、各施設の入退出では除菌液を塗布し、皮膚に棲息する皮膚常在菌が急激減少し、皮膚荒れが多く発生しているのも理解できますね。

風邪を引けば抗ウイルス剤を接種し、入院すればすべて抗生剤投与、食材においても防腐剤、水には塩素、トイレではウォシュレット等々、抗菌・抗ウイルス環境社会が、腸内細菌や皮膚常在菌の排除社会となっていることを理解できれば、先進医療と言われる日本に多くの病気が発生し、患者数の異常増も理解できるでしょう。

抗菌社会とアトピー

問題となるアトピー性皮膚炎においては、『生後間もなくからの保湿処置』を小児科医・皮膚科医は医者は推進し、正常皮膚を構成する皮膚常在菌を生まれて間もなくから排除する処置が、ガイドライン化されようとしていますし、産婦人科医の怠慢(金欲)なのか、異常に増える帝王切開、僅かな売り上げのために行う『膣抗生剤処置』が、出産時に引き継ぐ『産道での乳酸菌移譲』を抑制させ、人間の生きるための条件、腸内細菌の減少に繋がることで、乳幼児期からのいろいろな病気が発生するとも予想されます。

前述のとおり、この腸内細菌や皮膚常在菌のみの処置で、アトピー完全克服できれば、アトピー問題は発生しません。このほか見えない部分も多く、その克服方法は、小生サイトを確認して改善の参考にしていただきたいと思います。

日本医療は有用菌・微生物を意識していない=製薬マネー

アトピーを診る皮膚科医や小児科医は、第一段階とされる腸内細菌や皮膚常在菌の存在意義すら理解しておらず、見えない処置も理解できていないこと、メカニズムさえ理解していないステロイド剤を中心とした薬物療法しか処方できない診察・処置では、患者が増えることは理解できるでしょう。

もう、皮膚科医や小児科医の通りの処置を行えば、解決できるどころか改善できない逆方向へ向かうことになります。

もう、国がこのアトピー性皮膚炎を管理し、指定した皮膚科医しか見てはいけない法律を作るしか、このアトピー性皮膚炎解決の方法はないでしょう。

あ、国の担当者も『製薬マネー』に塗れて居るから無理ですね。

国民の税金で生きているんだから、真面目に生きようよ。

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

【皮膚科医の戯言】アトピービジネス手法

【皮膚科医の戯言】アトピービジネス手法

 

 

 

元国立大学皮膚科教授のブログですが、この書き込みをすればするほど、皮膚科医全体の治療レベルの低さ、医者使命感の低さが露呈されていることに気が付かず、『俺毎日書いてるんだ、凄いだろう』と言いたげなブログだが、小生からすればあまりにも幼稚なレベルで笑いすら出る。が、、、抜き取りながらコメントしてみよう。


アトピービジネス手法①

患者団体のようなもの、一見きちんとした患者団体に見えるが実態は業者が運営いている、そういう組織を通じて患者さんを勧誘するという手法もよくとられます。全国アトピー―○○の会、これは温泉の水を売る業者の会社内にあり、社員が患者団体の事務局員に成りすまして、患者さんを温泉療法に勧誘していました。


【赤嶺コメント】
オムバスですが、温泉水を売って何が悪いの?あなたオムバスの泉質、患者さんの経緯、結果など確認したの?あなたのところに来た患者さんから聞いた話でしょう。あなたの患者さんがオムバスや当方に来た患者は異常な数ですよ。自分もステロイド剤売ってるんですよね。

自分の行っている治療の問題も確認できずに、ひとの批判はダメですよ。あ、当然僕もオムバスの批判はしているよ。それはね、温泉水で良くならない理由をしっかり述べてるからね。内容証明でもいろいろ対応したこともあるし、温泉の研究もしたよ。あなたの批判は、ただただ、悪いんだ。なんですよ。小川会長や山田社長にあったことないんでしょう。

あ、うちの批判もしてたけど、僕のところにも来てないし電話もないよね、、、来たら教えてあげるよ。あ、重要理論だから、お金もかなりとるよ、あなただけはね。

コレクチム・その他の承認品目

アトピービジネス手法②

過去に繰り返した巧妙な手口は、ステロイドが入っていないと称して、実は入っているというインチキです。中国製の外用薬でもありましたし、国内でもいくつかありました。内容分析を製薬メーカーにお願いしたり、神奈川県の研究所にお願いして分析して、ステロイドの混入が判明しました。最も大きな事件は、中国製の桃源クリームで、あるカルト宗教が販売に関与していたことより、大きな事件になりました。


【赤嶺コメント】

ステロイド剤処置するあなたが、ステロイド剤入りクリームについて何で批判するの?ステロイド剤の営業を邪魔された?患者が減る?ステロイド剤は副作用ないんでしょう、あなたが批判する問題ではないでしょう。カルト教団であろうが、何の関係があるの?問題は、そのクリームで患者に被害が出たか否かでしょう。

今回はステロイド剤の影響で被害者が多かったわけですよね。では、あなた方が1万人近くの皮膚科医が、殆ど処方しているステロイド剤はアトピービジネスではないの?この40年間ステロイド剤を処方し続けて、どんどんと患者が増えるのは何故?社会の問題?食の問題?時代?

・・・あなたが『アトピービジネス』なんて吠えるのは、まずは目の前の患者さんを再発のない体にして、全員を幸せにしてからほざきなさい。君の理論では無理ですし、顔つきも厭らしい、気持ち悪い。

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

【アトポス便り】 No.67号『2020年にわかったこと』

アトポス便り No.67号

コ〇ナウ〇ルス感染第三波が本格的に暴れ始め、まだまだ厳しい環境は続きそうです。

厚生労働省のいろいろな公式文章がSNSで公開されていますが、『コ〇ナウ〇ルスは普通の風邪のウ〇ルスです』とか『コ〇ナ陽性の老年死者はすべてコ〇ナウ〇ルス原因死でカウントされたし』と医師会へ送達していたり、多くの問題文書が飛び回っているようです(内部告発的漏洩)。

 

誰の思惑でこのようなマスコミ報道がされているのでしょう。テレビで育った多くの方々は、催眠に掛かってしまっているのでしょう。という自分も大人数の前では、マスクをする始末で人のことを言える立場ではありませんが、アトピー専門としても免疫とは親密な関係のため、少々勉強はしていますが、当初から『普通の風邪であり、抗体出来れば問題などない』と告知していましたが、その通りになっています。

 

陽性者が増えれば増えるほど終焉に近づくシステムなのです。それを人数が増えたことの危険度を強調させ、いまにも日本で蔓延して死者が増え続けて大パニックになると報道し続けている。

 

冬のインフルエンザの数はどこに行ったのでしょうね。4月以降のインフルエンザ数はカウントされていませんね、死者も重傷者数も増えていると国民を煽って自粛強制をさせています。オリンピック開催も難しくなりましたね。

さて、今月は『2020年にわかったこと』を題材にしたコラムです。

 

また今回も『アトポスクイズ』を掲載しています。応募者の中から10名の皆様に希望商材をお送りします。少し当選倍率が上がってきていますが、応募しなければ当たりませんので、5分の時間をお作り頂きどしどしご応募ください。

2020年でわかってきたこと


アトピーについて

 

昨年よりは、『生後間もなくからの保湿がアトピー予防』という嘘から始まり、『根本改善できない新薬が3つ発売開始、承認』となり、さらに今年2つのアトピー新薬が予定されている。免疫操作は、その後の体に大きく変化を及ぼすことが必須であり、プロトピック軟膏と同理論である。そして、情報収集の場所であるインターネットから民間・自然療法は故意的に排除された。厳しいアトピー環境はさらに悪化してきたと言わざるを得ない。

 

②西欧医学の嘘

 

コ〇ナウ〇ルスワ〇チン開発は注目の的であり、製薬会社は巨大市場に参入しようと躍起になっているが、至る所で治療中に重篤な症状が発生し、治験中止に追い込まれている。

それにもかかわらず日本は、全国民分のワ〇チン準備を進め、製薬会社と契約し、無償接種の法改正まで断行した。しかし、あまりに強引な政府と製薬会社の進め方に人々の不安は募るばかりである。

特に赤ちゃんへの摂取は本当に心配である。安全を顧みない製薬会社の利権競争が表出し、ワ〇チンの危険性やそもそも効果がないことを示す情報も注目度が上がっている。コ〇ナ以外にも西欧医学の嘘はある。全世界で推進されている5Gの危険性、原発放射能汚染水の流出、工業生産による人口物質の大量放出、それらによる自然環境破壊なども問題視されてきた。

しかし、そのような各論以上に、現在の問題意識は、後先を考えない人間本位の西欧科学と西欧観念が『すべてが嘘と騙しではないか』という疑念を抱き始めている。

 

③マスコミの嘘

 

コ〇ナウ〇ルス危機が昨年2月から大々的に報道され始めた。大半の人々がマスク生活と外出自粛を強制され、経済活動も停止状態に追い込まれた。しかし、周りに重傷者がいない、マスクに予防効果がない、病院はガラガラ等、身の回りの実態と報道内容の乖離(かいり)は大きくなるばかりであり、少しネットで調べれば優位の医療機関等の情報発信により、報道と真逆の認識にもたどり着く。

多くのマスコミの『だまし』を明確に嗅ぎとっている。コ〇ナ煽りの医療コメンテーターばかりを出演させ、危険と煽り続けて・・・どこに向かっているの?あなた方マスコミの使命は?と思うこの頃です。

 

④経済システムの嘘

 

過去政府の財源不足、膨大な借金を理由に、消費税を上げ続け、人々から徴収してきた。遅延すればサラ金並みの利息を複利加算する。しかし、コ〇ナ対策を理由に百兆円を超える規模で国債を発行し、日銀が買い受け、紙幣をばらまいた。また経済活動が停滞しているにもか拘わらず、日銀や政府機関が買い支え、株価が上がるという矛盾があらわになった。

そして日銀と政府が連携するほどに通貨発行権を行使している日銀が『民間企業』であることの可笑しさが際立った。年間予算100兆円 特別予算が350兆円あることを国民は知るべきであろう。その多くのお金が各利権団体にばら撒かれるのである。その負担の一端は我ら国民である。もう何をしても納税である。我らの血税をうまく使ってほしいと思うばかりだ。

今の政治家では無理だね、、、この苦しい時に議員ボーナス受け取り拒否する奴は誰一人いなかった。

 

抗がん剤が無くならない理由

 

ガン細胞も死滅するかもしれないが、人間の体も死に追い込むことになる抗がん剤。がん治療には選択肢が少なく、皆がギャンブルに追い込まれる。可能性がそれしかないと医者に告げられるからだ。命がかかれば、金に糸目はつけられない。

しかし、助かる保証は限りなく少ない。がんの治療は儲かるので開発が進むが、そこに金と労力をかけてもガン患者は減らない。

そもそも何でがん患者が増えるのか?根本の追及が必要だ。その研究は儲からないから誰もやらないとしたら、さらに根本にある市場原理のパラダイムを治す必要がある。

ガンも免疫・・・基礎をしっかり作り上げればガンにはならない。もしガンになっても理論を理解すれば確実に改善方向へ進む。ガンは免疫低下、アトピーは免疫過剰なので、その整備をするための処置で充分である。そして、明るく胸張って生きることが重要である。実はアトピー治療と一緒で大丈夫なんです。あとは、治るという理論会得と意識だけ。

 

画像2

◆Q&A


【Q】:脱ステ後半年ほど経ち、皮膚の状態も改善しつつありますが
今、気になる部分が頭皮と唇と鼻の間です。

乳酸菌はミクロメイト1日1袋を最近やっとはじめたところです。
脱入浴はずっと続けてますが、頭皮も顔もなるべく洗わないようにしていました。
夏の間は蓬水も頭皮につけなくても平気だったのですが最近頭が油っぽくなってきて痒くなるので洗髪してしまいます。

シャンプーはなるべく使わないようにしていますがやはりなるべく洗髪せずホウスイをつけるのがよいのか、それとも洗ってからつけたほうが良いでしょうか?シャンプーを使う場合無添加のシャンプーが良いでしょうか?

頭皮や鼻の下に症状がでるのは内臓の何処かが悪いとゆうことですか?

 

今はまだミネラル摂取まで金銭的に手が届かないのですが四輝水とミクロメイト1日1袋だけでは完治が長引きますでしょうか?

たくさん質問してしまってすみませんが、どうかよろしくお願いします。


【A】:脱ステ半年ですか、、、、今の症状まで着たとは素晴らしいです。この症状改善は一直線で進行できませんので厳しいとは思いますが、しっかりとした理論把握と行動で乗り切らなければなりません。

 

シャンプーですか、、あまり関心はしませんが、金銭的な問題もあるでしょうから、洗髪後はしっかり濯いで、四輝水処理でよいと思います。塩湯で洗うと最高なんですが・・。

 

頭皮や鼻の下の症状、、、内臓との関係?、、、気にしなくて良いです。この時期は代謝機能の低下も大きいのでいろいろな症状は出ます。これくらいで治まっているのであれば上出来です。

 

ただ、乳酸菌摂取は規定どおりに摂取したほうがよいと思いますよ。ミクロメイト最低3本となります。であれば、ヨーグルト摂取の方が安価だし菌摂取量も効果的と判断します。また、、ミネラル摂取も重要なポイントともなりますので、検討された方がよいですね。モノだけでは解決しませんよ・・・体はあなたの意識で動いています。あなたの思い通りにしか動きません・・・。

 

 

画像3

◆クイズに答えてアトピー商材を!


当選者の中から10名様抽選で。

今回の当選商品は

①四輝水2本

②ヨーグルビジン1缶

③血液型別乳酸菌1缶(血液型指定してください)

◆今月のクイズ

【Q】アトピー克服のための理論を下記に記述します。間違っているのはどれでしょう?
※『ヒント』:ありません。

 

①症状発生すればすぐにステロイド剤など薬処置して良い状態を維持させる方が楽ですよ。

アトピー発症の原因を理解する。

③腸内細菌の整備を行う。

④ミネラル整備も必要。

⑤皮膚常在菌の存在を意識して処置する。

⑥大人は克服理論を会得し、良くなる日を設定し胸張って明るく頑張る。

 

●投票ご希望の方は、下記のアドレスへ 

回答先アドレス 
info@atoppos.co.jp

①お答え 番号でも良いです。

②お名前(購入時の)

③希望商品

④ご要望 質問等(任意)

⑤メール件名 クイズ回答

をお書きになって送信ください。

※抽選は令和3年1月22日です。(当選者は商品発送にて発表といたします)

最後までお読みいただきありがとうございます。

※現在、東京面談・金沢面談は自粛しています。

 

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

【腸内細菌シリーズ⑦】腸内細菌へのエネルギー供給がカギ!食物繊維と腸内環境改善の関係性とは

腸内細菌へのエネルギー供給がカギ!食物繊維と腸内環境改善の関係性とは

 

最近の「食物繊維」

『食物繊維』というと、「人の消化酵素で分解できない難消化性成分」と定義され、ひと昔前までは便秘改善のために摂るというイメージが強く、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を自身の体調に合わせて摂取するというくらいの区別の仕方しかありませんでした。

 

近年では、食物繊維の機能性研究が進み、食物繊維には血糖値上昇抑制の効果や腸内フローラへの影響があることが認知され始めました。また、食物繊維の機能性に影響を及ぼすのが「発酵性(腸内細菌がえさとして利用しやすいかどうか)」ということがわかり始め、発酵性の高いオリゴ糖なども含め注目されています。

腸内フローラと腸の健康

腸内フローラとは、腸内に生息する乳酸菌などをはじめとした多種の菌類の集合体のことをいいます。最近では、腸内フローラの組成を検査することで体の健康状態を判定するようなサービスもあり、高額ながらも人気があります。

 

腸内フローラは、有用菌(善玉菌)と有害菌(悪玉菌)とに大別されますが、名前の通り「有用菌」が増えると体に良いことがある、と言われています。有用菌として代表的なものは乳酸菌やビフィズス菌であり、この菌体自体を摂取して腸を健康にしようというコンセプトの食品も多くあります。

 

日々の食生活を改善して腸内フローラの有用菌を増やすことで腸内環境を整えよう、という話も耳にしますが、有用菌は腸にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

ポイントは有用菌がエサを食べた後に出る“短鎖脂肪酸”!

有用菌は、エネルギー源となるエサを食べ、「短鎖脂肪酸」を産生します。短鎖脂肪酸酪酸、プロピオン酸などを指します。この短鎖脂肪酸、腸内環境を整える働きがあることがわかっており、様々な研究結果があります。

 

有用菌のエネルギー源であるエサが何かいうと、「水溶性食物繊維」や「オリゴ糖」などであることが分かっています。これらの物質を摂取し、それが腸内に届いて腸内細菌に代謝されて短鎖脂肪酸が産生され腸内に排出されます。

 

腸内環境を改善するためには「短鎖脂肪酸を産生する菌を増やす」ことや「有用菌のエネルギー源を供給してあげる」ことが必要です。太陽化学としては、もとから100兆個以上いる腸内細菌に体外から菌を追加するより、もとからいる菌に良質のエサを供給する方が効率的なのでは?と考えています。


“短鎖脂肪酸”の産生に効果的な食物繊維とは?

さて、「有用菌へのエネルギー供給」に着目すると、腸内細菌の種類とエネルギー源の種類が短鎖脂肪酸の産生を左右することが予想されます。腸内細菌については「有用菌」がその名の通り短鎖脂肪酸を産生して体に良いことがわかります。では、そのエネルギー源となる物質は食物繊維をはじめ多種ありますが、何か違いはあるのでしょうか? 

 

エネルギー源の物質を代謝して短鎖脂肪酸を産生することを「発酵」といいますが、エネルギー源によって短鎖脂肪酸の産生効率、つまり「発酵性」が異なります。また、「短鎖脂肪酸」といっても酪酸・プロピオン酸・酢酸などの種類があり、腸への影響はそれぞれ異なるとも言われています。エネルギー源が異なると、「発酵性」も「産生される短鎖脂肪酸の種類」も異なります。

 

腸内細菌のエサとなる食物繊維を選ぶ時に、最終的に腸に与える影響まで考えるのであれば、「いかに効率よく短鎖脂肪酸を産生するか」の『発酵性』に着目して選んでみるのもいいかもしれません。

 

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

年末年始の活動案内

年末年始の活動案内をお知らせします。

2020年12月29日(火)~2021年1月5日(火)までお休みします。

この間の相談は、即返答できませんので新年明けて順次返答してゆきますのでご了承ください。

 

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】