アトピーを本当に克服したいなら

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

アトピー性皮膚炎

『産婦人科医の大罪』

『アトピー性皮膚炎の本当の原因(根源)』では、①出産時の産道環境②帝王切開③陣痛促進剤投与④出産後の抗生剤投与等が、生後まもなくのアトピー発症の要因とお知らせしました。 この処置は、出産場所である病院・助産院・自宅で行なわれます。その多くは、病…

【5組限定】東京面談・セミナー 2月23日(祝)

【5組限定】東京面談・セミナー 2月23日(祝) お子様の主治医はご両親です

【皮膚科医批判の理由】次代を担う子供たちのために

【Q】赤嶺先生は、なんでアトピーサポート活動してるんですか?アトピービジネスですか?

日本のアトピー性皮膚炎は3年でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ②

①アトピーの子供が生まれないようにする。 ②アトピーの子供が例え生まれてもアトポス理論であれば2歳までに完全克服する ③いま尚苦しんでいる方々を3年以内に克服する。

【5組限定】東京面談・セミナー 1月20日(土)

日時 令和6年1月20日(土) 13時~18時(1時間/組) 場所 東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル 面談料金 10,800円 (メルマガ会員 5,400円) 持参品 初面談者はこれまでの経緯や検査データーなどを持参してください。 同伴者 ご家族全員でお…

VOL29◆『風邪を引こう』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

子供は3回風邪をひくと改善します! 1歳前後の子供は風邪をひいて 自然回復させると(3~5日で熱は下がります) 体内の風邪抗体が多くなり、アレルギー抗体がどんどんと少なくなって内面的な免疫過剰は低下することになります。

VOL-27◆『胸を張ろう!』 【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

胸張っている人に アトピーや免疫低下の癌患者はいない。 ◆胸張ればマイナス思考にはならない ◆胸張れば溜め息が出ない ◆胸張れば元気な顔になる ◆胸張れば身長ー体重が一定になる ◆胸張れば他人の長所が良く見える ◆胸張れば・・・・とにかく元気になる!

VOL-26◆『ミトンやひじっこついて』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

ミトン使用者の症状は一様に幅広い炎症やケロイド症状となっており、ひじっこ長期使用の赤ちゃんのお写真から、目はつりあがって、黒点がかなり上の位置にいることが見られます。

VOL-25◆『季節信号を受け取ろう』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

温度変化を緩和させるために、 季節に応じて体内の生理物質を変化させて代謝率を操作し、すぐに対応できるよう準備しているのです。 特に夏前の春と、冬前の秋は、 この準備が活発になります。 これは人間以外の動物も植物も同様となります。 昔から春と秋は…

VOL24◆『お子様の主治医はお母さん』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

大半のご両親は生後間もなくの 我が子に出た辛い症状に動揺し、処置に迷い、病院をハシゴしてはさらに戸惑うことでしょう。 特に妊娠中から我が子と一緒に過ごし、その後のお世話にも24時間かかわっていくお母さん方は、「こんな症状が出たのは私のせい?…

VOL23◆『乳酸菌選択について』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

腸管粘膜上にすべて有用菌群が生息し、外部粘膜のphは弱酸性に維持され、空気中(中性)に存在する雑菌群やウイルスの棲息条件とは大きく誤差があった。 さらに、アトピー性皮膚炎症状を持つ5000人近くの便検査により、腸管内ph、生息する菌群の種類、…

VOL22◆『ミネラル(微量元素)について』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

微量元素のアンバランスは、腸内細菌叢の問題と含め、痒みによるストレスによって、大きくバランスを崩し、自律系や循環器、排泄機能への影響が出てきます。

VOL21◆『脱入浴・脱保湿のすすめ』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

アトピーを根元から改善し克服する一番の近道は、乳酸菌摂取と弱酸性ローションの塗布であることもお伝えしました。 しかし 弱酸性ローションの効果を最大限まで発揮するには、これからお話する脱入浴・脱保湿の実践が必要不可欠なのです。

VOL20◆『有用皮膚常在菌について』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

正しいスキンケアをお話する上で、絶対に欠かせない存在。 それが、これまで何度か触れてきた「有用皮膚常在菌」です。 この菌たちは、人間の皮膚粘膜に棲息し、皮膚改善に直接関与する有用微生物です。雑菌の多い空気と接触している皮膚は、 常に危険に晒さ…

VOL19◆『異物の侵入路を整備せよ』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

医師は、この目に見える部分(皮膚症状)ばかりを薬剤や保湿剤でどうにかしようとしますが、アトピー症状を根元から改善していくにはまず最初に、この腸管粘膜からの異物侵入を止めなければいけないのです。

VOL18◆『予防接種について』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

国や医師会は、生後2ヶ月から4種類をスタートさせることを 推奨しています。 B型肝炎・ロタウイルス・ヒブ・小児肺炎球菌…… そして3ヶ月からは、この4種類の他に4種混合がスタートしていきます。 まだ離乳食だってスタートしていないこの時期に、こんな…

VOL17◆『次のお子様をアトピーにしないための方法』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

出産時の産道環境が大きく関与していることは、 もう十分にご理解できたことでしょう。 それを踏まえ、まず第一に私がおすすめしたいのが、 助産院での出産です。 助産師は薬を処方しませんし、帝王切開も出来ませんし、 紫外線照射も出来ませんから、アトピ…

VOL16◆『産婦人科医の大罪』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

出産に関わる産婦人科でさえ、産道乳酸菌の存在を意識せず、 乳児アレルギーとの関係性にも関心を示さず、 ただただ少子化時代の出産件数の減少やクレーム回避に 頭を痛めているのです。 「この少子化時代に、どうすれば出産1件あたりの 売上げを高くできる…

VOL15◆『産後処置のリスク〈光線療法編〉』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

現代の産婦人科で出産した場合、産後にも様々な検査が待っています。 そこで今回は、その産後処置の中でも特に頻繁に行われている 光線療法についてお話していきます。 生まれて間もなくの赤ちゃんは赤血球が多く、 これが分解されてピルビリンに変換し、 肝…

VOL14◆『産前処置とストレスの害について』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

産道は、出産間近になると、 胎児にこの社会で生きる条件としての免疫を 移譲する為に多くの乳酸菌を集結させます。 この条件が整備できれば、陣痛が始まるのです。 エンテロコッカス・アビウム、 エンテロコッカス・フェカリス、 エンテロコッカス・フェシ…

VOL13◆『免疫の仕組みとアトピーについて』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

免疫なくして、人間は生きられません。 この生きる力である免疫は、 生まれるときに母親の産道から乳酸菌を経口摂取し、 腸管などの粘膜に棲息させることで確立させると前回お話しました。 つまり乳酸菌は、免疫形成のための重要な基材なのです。

VOL-12『アトピー発症の本当の原因』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

アトピーを発症したり、難治化したりする大きな原因の一つに ステロイド剤やプロトピック軟膏等の長期使用があります。 しかし、これが原因の一つに過ぎないことは、 日本で生まれる赤ちゃんの4人に1人が生後間もなくから アトピーを発症させている事実か…

 VOL-11◆『マクロビオティック療法』【ノーベル賞レベルメソッドの公開】

マクロビオティックとは、 穀物や野菜、海藻などを中心とする 日本の伝統食をベースとした食事を 摂ることにより、 自然と調和をとりながら、 健康な暮らしを実現する考え方です。

VOL-10『ビタミン療法療法の真実』について 【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

ビタミン。 確かに何か元気で明るい響きで、効きそうですよね。 別名『オーソモレキュラー療法』と言い、 この療法もまた、民間はもちろん医療の現場でも すっかりお馴染みとなりました。 この療法では、数あるビタミンの中でも、 特にビタミンB群を重要視…

VOL-9『酵素療法の真実』について 【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

みなさん、こんにちは。 アトピー完全克服理論「ノーベル賞レベルメソッド」開発者の 赤嶺 福海です。 今日からは、数ある民間治療の中でも、アトピーを体の内側から治していく治療法について、数回に分けてお伝えしていきます。 VOL-9◆酵素療法の真実 最近…

VOL-8『保湿療法の真実』について 【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

現在、乳児湿疹やアトピーを煩う方々が、 必ず一度は試しているのが、この保湿療法です。 数年前、国立成育医療研究センターが発表した 「生後すぐからの保湿がアトピーを予防する」という 根拠のない研究結果が新聞などに掲載されてからは、 病院でも保健所…

VOL-7『温泉療法』について 【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

みなさん、こんにちは。 アトピー完全克服理論「ノーベル賞レベルメソッド」開発者の 赤嶺 福海です。 今日からは、いろいろな民間療法の中で特に話題になった治療法について、詳しくお伝えしていきたいと思います。 VOL-7◆温泉療法の真実 今でこそ、あまり…

『VOL-6◆漢方治療の実態』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

中国4000年の歴史から生まれた漢方薬。 自然素材から作られていて、漢方の専門店や専門医も昔からいるし、安心かつ効果が出そう……。 これまでステロイド剤治療だけは絶対に避けたいと思う方々でも、不思議と漢方薬には好意的なものです。

『VOL-5◆ステロイド批判する医師・研究者たちの実態』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】  

ステロイド剤の治療推進の裏側には、 官僚たちや医師会、製薬会社の 陰謀によって、 多くの国民がその被害に遭っていることを 数回に分けてお伝えいたしました。 これからも続くことは間違いありませんし、 その現状を破る医師や研究者もいません。

vol-3『アトピー蔓延の背景』【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

昔(40年前)はなかったアトピー性皮膚炎。 なぜ、いまこれほど蔓延しているのか?