アトピー医療の本当のこと

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

脱ステ医師たちの思惑~○○党員勧誘プログラム?~

◆脱ステ医師たちの思惑 ◇脱ステ医師たちの思惑(目的)は何なのか? 『脱ステロイド剤療法』は、皮膚科学会の標準治療とされるステロイド剤治療を中心とした医療で、解決できない方々が、書籍・講演会・患者会ネット等で多くの患者が動き始めたのは20数年…

5月東京面談会in品川

10連休明けの土曜日は、みんな疲れているよねぇ。 自分もそうだけど・・。 5月面談会in東京 www.atoppos.co.jp www.atoppos.co.jp

『令和』時代もアトピーの鎮静化は見えないのか

『令和』時代もアトピーの鎮静化は見えないのか 桜開花と共に・・新元号『令和』(れいわ)が発表され、大いに盛り上がっています。来年は、東京オリンピックが開催され、2025年には大阪万博が開催と、日本全体が盛り上がっています。 しかし、アトピー…

あの日お会いすることができなかった「脱ステ」ママへの手紙を読んで批評②

あの日お会いすることができなかった「脱ステ」ママへの手紙を読んで批評② 先日、大塚医師投稿のコラムを批評は全体を通しての批評でしたが、今回は、長文コラムなので、その端々に出る医者の考え方と患者の思いの差、そして、当方理論と比べての差などを書…

『あの日お会いすることができなかった「脱ステ」ママへの手紙』を拝読して①

『あの日お会いすることができなかった「脱ステ」ママへの手紙』 というコラムは、最近いろいろなリリースサイトやAELAなどの有名サイトに投稿している大塚篤司医師のあまりにも酷い内容のコラムを読んで・・・・批評をしてみた。 あ、これは批判ではな…

東日本大震災8年

黙 祷 ! www.atoppos.co.jp

【アトポスコラム】3月号

春=桜 厳寒とされる2月も、あっという間に過ぎ、みんなの期待する『春』がやってきました。 南の方では、春の便りも報じられてきました、個人的にも好調報告が多くなるので、嬉しい時期であり、この夏の改善者数が楽しみとなりました、ステロイド剤を外し、…

4月面談会in東京 夏の改善ポイントまでには間に合わないけど・・・。 アトピー・乳児湿疹 無料電話相談と有料面談会(東京・金沢) www.atoppos.co.jp

日本からアトピーをなくすために今できること

1000万人以上(国民の12人に1人)の方が、 アトピー性皮膚炎に苦しんでいるのが現実です。 医療技術の進歩がめざましいこの国で、 何故、今なお増え続けているのでしょう。 今解決の為に、多額の私財を投げて研究してきた克服理論は、多くの再発なしの克服者…

小生が『安保 徹』という名前だったら

小生が『安保 徹』という名前だったら~誰もが信用して、品川駅から行列が出来るだろう~ 免疫学で有名な安保先生は、『ステロイド剤はアトピー性皮膚炎をより一層悪化させる。酸化して体外への排泄が厳しくなる』『ステロイドはミトコンドリア機能を止めて…

日本薬剤師会会長が決意の告白「患者よ、クスリを捨てなさい」

日本薬剤師会会長が決意の告白「患者よ、クスリを捨てなさい」~児玉孝氏が語る「クスリは毒論」~ 【赤嶺コメント】数年前、、、勇気のある先生だなぁっと思った記事です。元薬剤師会会長が薬を『毒』と表現するのだから、いろいろと支障も出たことでしょう…

最近多いトンデモ医者たちの横行 ~ジャーナリスト気取りの医者たち~

「ニセ医学」を信じてしまった患者を救えない、“正論”医療の現実連載「現役皮膚科医がつづる「患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと」 を読んで『赤嶺』が感じたこと。 この男、アトピー性皮膚炎のことを何も理解していない。理解できていない人間が…

また日本の宝を葬ろうとしている日本の医療 ~池江璃花子選手が再起不能になる~

また日本の宝を葬ろうとしている日本の医療~池江璃花子選手が再起不能になる~ 昨日、池江璃花子選手が白血病である事を発表した。そして、彼女は治療を始め再起の意欲を示したが、一度、抗がん剤・ステロイド剤を投与した場合は、他の細胞は大きく崩壊し、…

「陣痛の真実」

これまで、産婦人科医・皮膚科医・小児科医の批判をしてきましたが、事実なので致し方ないところです。已む無く帝王切開となる出産も多くあるでしょうが、経膣分娩の驚くドラマがあることをお知らせしなければ、闇雲に批判しているようにも思われますね。 毎…

医者の呆れたコメント集

皮膚科医・小児科医のコメントは、症状に大きく左右する これまでメール・面談・セミナー・電話相談など30000件以上の相談に対応してきました。現況症状から経緯などを聞き取りすることで、症状の原因や克服指導、自然との共生システムなどを含めて克服…

N市民病院 産婦人科医師への患者意見

N市民病院 産婦人科医師への患者意見 これまで4回にわたり、産婦人科医師の批判的内容を掲載してきました。 管理者である当方にも匿名でお叱りのメールもございました。確かに、お気持ちも判るお医者様でしたが、この社会への伝道師としての立場の考え方は…

産婦人科医の思惑の一端

産婦人科医の思惑の一端 ~不妊治療にはご用心~ これまで産婦人科医の収入源の一番とされる出産収入。出来るだけ多くの収入となりえる処置を施す『帝王切開への誘導』『抗生剤投与への誘導=ガイドラインに沿った検査にて』『黄疸検査による光線療法処置』…

不必要な帝王切開を

帝王切開の世界的「まん延」に警鐘、WHO WHOが不必要な帝王切開が多すぎる!と発表した。 日本の帝王切開率は近年のデータで19.2%。約5人に1人が帝王切開により出産しています※『生後間もなくのアトピー発症率と比例しています』 産院(一次施設)で…

産婦人科医の実態・・・出産を軽視する医者たち

産婦人科医の実態・・・一生のスタート地点である出産を軽視する医者たち 当方アトポスSPでは、生後間もなくのアトピー発症要因の問題ポイントは、出産環境にありと位置づけて、多くの聞き取りをしてきました。産道への抗生剤投与、帝王切開出産は、正常免…

『産婦人科医の大罪』

今回は、 『産婦人科医の大罪』についてお知らせします。 ※厳しい文章となりますがお許しください。 恐ろしい、内容です。 『出産前後の問題』で、アトピー発症の根源となる内容はこれまでお知らせしました。 この雑菌社会で生きるためには免疫保持が絶対条…

皮膚科医・小児科医・産婦人科医がこの日本を崩壊させる

皮膚科医・小児科医・産婦人科医がこの日本を崩壊させる このタイトル凄いでしょう、今の医療システムが壊れるか、厚生官僚天下りが無くなるか、社会貢献意識の強い皮膚科医・小児科医・産婦人科医(無理だろうけど)とならない限り、表記内容は悲しいけど実…

アトピー性皮膚炎の症状が、季節の変化によって症状変化するのは何故なんでしょう。はい、それは季節信号です。

アトピー性皮膚炎の症状が、季節の変化によって症状変化するのは何故なんでしょう。はい、それは季節信号です。 ◆動物・植物などはカレンダーを持っているのでしょうか? ◆人間にも磁気感知システムがある ◆体は、そんな環境でどの様にして体温を維持させて…

『アトピーの子供は3回風邪を引けば改善する』って?

『そんな馬鹿なぁ~』。でも実は、本当なんです。 「残念ですねぇ、、、ここで罹患すれば、回復に一歩近づくのに」 抗生剤処置は大問題 清潔好き日本の環境である日本では、世界一のアトピー国となっています。 この抗体なしには人間は生きられないのです。 …

アトピー乳幼児の『ミトン』使用によって、逆に炎症が広がり、悪化してしまう知られざる事実。

痒みの要因は2つだけ 私は即時外すように指導します。 痒いと感じることは、異物が体内に侵入して、 命の危険となっているのです。 だから、掻かなければ生き続けられないのです。 では、どうすればこの痒みは止まり、 爪での傷がストップするのでしょうか?…

『風呂に入らなくなったらアトピー症状が良くなってきたぁ~。』何でだろう?『それはね・・・』

contents ◆誰もが疑わない入浴による悪化 ◆アトピー症状には逆効果の入浴 ◆湯治療法の是非 ◆カサブタは自己の絆創膏 第一根源となる腸管からの異物侵入阻止は条件です。 改善すれば、死ぬほど入ればよいのです。 ■この記事を読んだ方にオススメのIN YOU Mark…

花嫁を苦しめる標準治療~ステロイド剤・プロトピックの功罪~

花嫁を苦しめる標準治療~ステロイド剤・プロトピックの功罪~ 標準治療(ステロイド剤を含む薬物療法)が多くの幸せを奪っている現実を厚生官僚や医師会、製薬会社は、国民の幸せを目指して、改めを開始しなければ、この日本は終了するかもしれない。 この…

アトピー性皮膚炎処置における『脱保湿』の有用性と、ほとんど行われるワセリン・軟膏などの油脂系保湿による悪化拡大の理由

contents 『油脂系保湿の問題点』 アトピー改善(緩和)目的に保湿剤を使用 異物排泄口に蓋をすれば、他の部位から排泄する どんな事をしても異物排泄は、根源を解決しない限り発生することになります。 問題の油脂系保湿の悪化理由です。 『皮膚常在菌が死…

アトピー悪化要因とされる第2の異物侵入路は『皮膚』です。『皮膚常在菌』の存在を意識して処置しましょう。

contents 次に第二の原因とされるのは、 空気中の雑菌やウイルスなどの温床となってゆきます。 『ph5前後の弱酸性』 『1平方センチ当たり約100万個1ミクロン』 『美肌菌』 この皮膚に存在する有用菌群を意識しないで、正常皮膚は構築できないと言え…

アトピーと産道の関係と、高確率でアトピーのお子様が出来ないための究極の対策をお伝えしましょう。

contents ■結果(アトピー)には必ずその原因はあるのです 出産時における処置を理解していれば、発症しないで、確実に回避できる方法をお知らせします。 「何で美男美女の健康なこの二人からアトピーのお子様が生まれたのか」 その産道に悪気なく抗生剤を投…

『「特集」急増“大人のアトピー”生活にも影響』を斬る

NHK 『シブ5時』という番組がある。視聴率も10%前後とNHKの中心番組といってよい。 そこで特集されたのが『大人のアトピー』が急増しているというのだ。その原因や治療方法や処置方法が説明された。 何のことはない、前にも書き込みしたが『デュビ…