アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

アトポス便り No.86号

一般社団法人アトポスSP アトポス便り No.86号 ※7月29日発行分 国は89珍買い過ぎたんやろね、、、捨てるわけにはいかんし、国産の89珍も使わんといかんから、情報操作して4回目の89珍を打たそうとしているのは、国民誰もが判っている。そして、そ…

アトポス便り No.85号

">※投稿が遅れましたので、季節感が少しずれています。 アトポス便り No.85号(2022年6月30日) https://www.atoppos.co.jp/ え、本当に梅雨だったの?って思うくらい早い梅雨明けでした。水の必要な農業は収穫減で大変かもしれませんね。猛暑は直ぐにやってき…

アトポス便り No.84号

アトポス便り No.84号(2022年5月31日) 新緑が目に優しく、過ごしやすい季節となりました。一部地域では、5月に猛暑となる35度超えまでとなり、夏の暑さ不安がよぎることも発生し、567感染は相変わらず多くとも重症者報道が少なくなったお陰で、町の賑…

【ニセ情報公開】『赤ちゃんのアトピーの特徴は?原因や対策法も知っておこう』

『赤ちゃんのアトピーの特徴は?原因や対策法も知っておこう』~この通りに処置すれば改善は出来なくなりますね~ 当方では、アトピーに関する情報を多くのメディア・SNS・ブログ等から、スタッフ・ボランティアなどが収集しているが、あまりにも多い医療…

2年前の記事、、、読み返してみた ~567のこと、政治家のこと、アトピーのことetc~

もう、アトピーのことはいろいろ書き込み、新しい発見などない。当方理論でほぼ解決へ向かい再発が起きない理論を無料提供してきたよって、これまでの投稿を再現してゆくことで、このコラムサイトを活性させてゆこう。で、今回は567のことを中心に、国が…

【Q&A】生後6か月、生後間もなくから保湿

【Q】生後6か月、生後間もなくから保湿 6ヶ月まで沐浴剤を使用。将来の肌への影響が心配です。長くなりますが、切実です。7月生まれの5ヶ月の子供がいます。最近離乳食を始めました。生まれてから5ヶ月の今までずっとベビーバスにスキナベーブを入れてガー…

帝王切開の世界的「まん延」に警鐘、WHO ~アトピー発症の最大要因~

帝王切開の世界的「まん延」に警鐘、WHO~アトピー発症の最大要因~ WHOが不必要な帝王切開が多すぎる!と発表した。 日本の帝王切開率は近年のデータで19.2%。約5人に1人が帝王切開により出産しています ※『生後間もなくのアトピー発症率と比例して…

「陣痛の真実」

「陣痛の真実」 これまで、産婦人科医・皮膚科医・小児科医の批判をしてきましたが、事実なので致し方ないところです。已む無く帝王切開となる出産も多くあるでしょうが、経膣分娩の驚くドラマがあることをお知らせしなければ、闇雲に批判しているようにも思…

生後まもなくの乳児の克服法

0歳から発症した場合の克服法 秋冬に生まれたお子さんの場合は、季節的な乾燥性湿疹であることもありますが春夏に生後3ヶ月以内で発症した場合は産前産後処置による免疫過剰が原因のアトピー性皮膚炎である可能性が非常に高くなります。 生後間もなく発症の…

アトピー性皮膚炎治療薬また承認

今回もJAK阻害薬(ヤヌスキナーゼ)であるが、いくら免疫を操作しても、本当の発症要因への対応なしには、もう苦しめられることのない再発無しの改善とはいかないことは、これまでの同様承認薬で理解できていると思うが、アトピー大国日本での商売ができ…

【遅報】僕はワ〇チンは控えた方が無難だと思う

【遅報】僕はワ〇チンは控えた方が無難だと思う~アレルギーの方は絶対です。事故に遭わないために~ 先日のTBS報道で「567ワ〇チン摂取後に190人以上の死亡」という報道が1回あった。(今は一切なし)一般報道では、摂取後の死亡の報道は殆どない…

フィラグリン機能低下によるアトピー原因理論は撤回 

フィラグリン機能低下によるアトピー原因理論は撤回 当たり前やろ 昔、このフィラグリン理論が出たとき、鬼の首取ったようにコメントしていたO皮膚科医を思い出すね。この撤回にもしっかりコメントしてね。フィラグリン量差を確認してアトピー判断?、、、…

皮膚科医の理論とコメントは薄っぺらいね

皮膚科医の理論とコメントは薄っぺらいね アトピー性皮膚炎の研究・サポートを26年続けていると、アトピーに関する多くの情報を目にすることになる。 その中で、目立ちたがり屋の皮膚科医の理論・コメントは薄っぺらい。 #SNS医療のカタチの皮膚科医は…

「#SNS医療のカタチ」の皮膚科医・小児科医の実力は?目的とは?

#SNS医療のカタチが出現して2年経過するだろうか。医療をテーマとして一般人とコミュニケーションの場をネットで設け、一見すれば判り易い医療を告知するという社会貢献的な目的で行動を始めたと思われる。 だが、彼らの第一の行動は、民間的な療法を一…

アトピー医療は崩壊した~さらに被害者急増~

『アトピー性皮膚炎はこのままだと直ぐに1000万人となる』~こんな皮膚科医たちに子供の体を診せられない=壊される~ 日本皮膚科学会の元理事だった皮膚科医が、『ウチの大学では10年の継続治療はざらで自分が赴任した25年前から通い続けている患者…

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

※もっともらしい書き込みをまずはお読みください。 重度のアトピー性皮膚炎の新薬、有効性を確認 京都大など アレルギー科医です。アトピー性皮膚炎は皮膚のバリアが傷害され、炎症が強くなる病気です。例えるなら、お城の外堀が壊れ(バリア障害)、城内の…

【皮膚科医ブログ批評】無知な皮膚科医の呆れるコメント~アトピーは何故治らないと諦めてしまうのか~

【皮膚科医ブログ批評】無知な皮膚科医の呆れるコメント このコラムを書くにあたり多くの方々から、『やり過ぎ』って言われますが、違うことは違う、医者の性格の出た『自分が一番』という逆上せを批判してやらないと、多くの方々が道を間違え、今回のような…

アトピーのゴール(皮膚科医の考え方)

アトピーのゴール(皮膚科医の考え方)=怖い 当方でのサポートゴール(卒業)とは、『完全克服』。しかし、皮膚科医においては、7つの段階があるらしい。その段階の先には、本当に完全克服のゴールがあるのか、患者さんの誰もが不安に思うゴールである。そ…

アトポス便り No.69号

※掲載忘れていました 一般社団法人アトポスSP□ アトポス便り No.69号 春の日差しも少しづつ感じてきました。南では桜の開花報告もあり、風邪の匂いも体活性のきっかけとなるようです。厳しい報告も少なくなってきているのも、この信号の影響でしょう。 ただ…

【再】アトピー性皮膚炎の大元の原因は『少子化』だった。

アトピー性皮膚炎完全克服理論の公開② アトピー性皮膚炎の本当の原因と題してオーガニックサイトINYOUへ投稿。アトピー性皮膚炎の大元の原因は『少子化』だった。http://macrobiotic-daisuki.jp/atopy-12-153173.html 【1】アトピー性皮膚炎医療を取り…

【アトピー相談に対する回答A&B】②

【アトピー相談に対する回答A&B】相談件数6354件(4年間で)で、克服者は? 皮膚科医の診療目的は?ステロイド剤を処方すること?って勘違いしているようです。大学病院に診察に来られた方への返答、過去に行っていた相談活動自慢を見て、本当にこの…

皮膚科医の『ステロイド剤外用薬の副作用』解釈

皮膚科医の『ステロイド剤外用薬の副作用』解釈~なぜ副作用が発生するのか・・判らないみたい~ 今回は、ある皮膚科医のブログよりステロイド剤副作用について批評してみたいと思います。メカニズムゼロ、結果論のみで「上手く使用しないから副作用となる」…

皮膚科医の言動観察20の結果報告

25年間アトピー研究家(完全克服)が見た皮膚科医の言動観察20の結果報告 ①アトピーの原因を知らずに、ただただお上の指示通りに薬物処置する奴隷的皮膚科医が殆どである。 ※上層部には弱く、言われたとおりにしないと村八分にされるのが怖いので、何で…

皮膚科医の無知さが見えるアトピー原因解釈

【皮膚科医の無知さが見えるアトピー原因解釈】~もう、皮膚科医でのアトピー治療はあきらめましょう~ 先のコラムでお約束した皮膚科学会元理事・元国立大学皮膚科教授の考える『アトピー性皮膚炎原因』をご覧ください。いかにレベルが低いかというより、体…

【皮膚科医小児科医の呆れたコメント】 ~アトピーのこと本当に知らないんだと思う~

アトピーのこと本当に知らないんだと思う まずは、患者さんと皮膚科医のやり取りを見てください。 患者:先生、アトピーの原因って何なんですか? 皮膚科医:まだ原因解明されていないんですよ。 患者:先生、原因が判らないのにこのステロイド剤療法は原因…

【皮膚科医批判の理由】次代を担う子供たちのために

【皮膚科医批判の理由】次代を担う子供たちのために このまま、アトピーの「ア」の字も知らない皮膚科医たちの横暴を放置すれば、ステロイド剤を主とした薬物被害が急増し、子供たちの青春は奪われ、夢をなくし、日本を強く背負う子供たちは急減して、日本滅…

日本のアトピーが3年以内でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ①

第2回の投稿と重複する部分も多くありますが、3年以内に日本アトピーゼロとなる理論(国・医療が実践すれば)を2回に分けてお知らせします。 これまで多くの理論を告知してきましたが、理論分散せずに克服までの全体理論もまとめる様に要望もあり、今回書…

【皮膚科医の戯言】ステロイド外用薬を考える

【皮膚科医の戯言】ステロイド外用薬を考える 例の元国立大学皮膚科教授のブログですが、今回は『ステロイド剤外用薬を考える』のシリーズ。 前回の『アトピービジネスの手法』についても、何一つ検証しておらず、頭ごなしの批判であり、標準治療がアトピー…

【腸内細菌シリーズ⑧】腸内細菌1200万個の遺伝子

腸内細菌1200万個の遺伝子ご存じでしたか? 人間の遺伝子は23,000個。 マウスの遺伝子26,000個、ミジンコの遺伝子31,000個、小麦の遺伝子26,000個で、人間の遺伝子より多いのです。 高度で複雑な構造と機能を持っている人間は、どこがマウスなどと違うのでし…

【皮膚科医の戯言】アトピービジネス手法

【皮膚科医の戯言】アトピービジネス手法 元国立大学皮膚科教授のブログですが、この書き込みをすればするほど、皮膚科医全体の治療レベルの低さ、医者使命感の低さが露呈されていることに気が付かず、『俺毎日書いてるんだ、凄いだろう』と言いたげなブログ…