アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

アトポス便り No.66号(2020年11月30日)

アトポス便り No.66号(2020年11月30日) え、、もう明日から師走です。 1年って早いですねぇ。どうでしたか、あなたは?改善スタートして、症状が右肩上がりの改善であれば『早いなぁ』、なかなか改善状況が見えない方は『え、まだ、、いったいいつになった…

【ある皮膚科医の戯言】④アトピー性皮膚炎基本知識

【ある皮膚科医の戯言】④アトピー性皮膚炎基本知識 前々から、皮膚科医のレベルを図る基アトピー性皮膚炎基本知識準として注目しているブログの書き込みです。今回のテーマは、『アトピー性皮膚炎基本知識』です、根本的な考えの違いをご覧ください。昔はま…

アトピー性皮膚炎の症状が、季節の変化によって症状変化するのは何故?

はい、それは季節信号です。 「何だか秋になると症状悪化するんだよね」 「この春は花粉が多いのかなぁ、症状が悪化するのよ」 「セミの鳴き声が聞こえる時は、とてもいいのよ」 なんてことよく聞きますね。 季節によって、アトピーの症状は大きく変化する理…

【ある皮膚科医の戯言】③アトピー患者の言ってはいけない一言

【ある皮膚科医の戯言】③アトピー患者の言ってはいけない一言 前々から、皮膚科医のレベルを図る基準として注目しているブログの書き込みです。今回のテーマは、『アトピー患者の言ってはいけない一言』です、ご覧ください。昔はまとめてテーマごとに批評し…

【プレス批評】「アトピーだ、文句あっか。」 先日のプレスは、アトピーを経験された記者が、その心情を赤裸々に書かれていた。うんうん、そうだろうねと、小生のサポート経験からも苦しい気持ちが克明に把握できる文章だった。やはりライターさんは凄いです…

【ある皮膚科医の戯言】②アトピーは自然治癒します? 前々から、皮膚科医のレベルを図る基準として注目しているブログの書き込みです。今回のテーマは、『アトピー患者の言ってはいけない一言』です、ご覧ください。昔はまとめてテーマごとに批評していまし…

【Q&A】生後10か月の男の子

◆ご相談内容氏名 = ◎◎性別 = 男年齢 = 0メールアドレス =身長 = 77体重 = 12飲料水 = 水道水治療 =ステロイド剤は一ヶ月後健診の時にオムツかぶれが酷く、処方され使用しました。およそ一ヶ月使用しました。二ヶ月ごろから臍ヘルニアになり、医療用テープを…

【ある皮膚科医の戯言】ステロイド剤塗布の副作用はその部位限定?

【ある皮膚科医の戯言】ステロイド剤塗布の副作用はその部位限定? 前々から、皮膚科医のレベルを図る基準として注目しているブログの書き込みです。今回のテーマは、『アトピー患者の言ってはいけない一言』です、ご覧ください。昔はまとめてテーマごとに批…

【会員さんからのメール】生後11ヵ月からのサポート

【会員さんからのメール】生後11ヵ月からのサポート 先般、商材のご質問返答の挨拶にとメールをいただきました。2018年の相談と実践にて克服されたお子様のお母さんからのメール。自画自賛たるメールはあまり掲載しないのですが、最近医療批判ばかりの…

【Q&A】生後3カ月の女の子(前回アトポスクイズコメントされた方の2回目のご相談)②

【Q&A】生後3カ月の女の子② 前回投稿の会員さんからの2回目の相談を掲載してみます。 ◆第2回目の相談 0-7ヶ月乳児湿疹相談フォームより [氏名]=●●●●[性別]=女[通信方法]=スマートフォンから[何を見て]=直接HP[年齢]=0[年]=2014[月]=8[日]=1[ホームペー…

【Q&A】生後3カ月の女の子(前回アトポスクイズコメントされた方の当初のご相談)

【Q&A】生後3カ月の女の子 今回は、前回クイズ当選者(完全克服者)のコメントでしたが、当社は不安だらけのスタートでした。当初の相談内容と当方の返答内容を掲載してみましょう。個人情報のこともありますので、名前や居住地域などは外しています。 ◆…

『アトポス便り』クイズ当選者のお礼(報告)①

『アトポス便り』クイズ当選者のお礼コメント 当社では、毎月月末にその月にアトピー関連報道や赤ちゃんに関する情報などを『アトポス便り』として、過去購入者に発信しています。そして、毎月10名の皆様に当方の主要商材を選択していただき抽選でプレゼン…

ある皮膚科医の相談返答(転地療法)

ある皮膚科医の相談返答(転地療法) ある皮膚科医といっても、これまで批評してきた皮膚科医ではあるが、『アトピー相談』コラムがあったので、どんな返答をするのか興味深く拝見した。残念な内容です。患者さんは必死なのに・・・明確な返答が出来ない(無…

【プレス批評(推奨)】朝の光を浴びて体と心の不調を解消!日光浴セラピーのススメ

朝の光を浴びて体と心の不調を解消!日光浴セラピーのススメ 出典元:『カラダとココロの自然療法』(枻出版社)監修:降矢英成/赤坂溜池クリニック院長。日本身心医学会専門医。特定非営利法人日本ホリスティック医学協会会長。特定非営利活動法人メディカ…

【プレス批評】「アトピー性皮膚炎」の最新治療~海老原全医師のコラム~

「赤嶺コメント」この先生のコラムをご覧ください。 皮膚が乾燥してかゆくなり、かいているうちに炎症を起こすアトピー性皮膚炎。もともとの遺伝的な素因に、さまざまな要因が関わった「多因子疾患」といわれています。原因不明ということで、重要な研究が報…

日本の皮膚科医の戯言(たわごと)理論シリーズ⑤『私の標準治療法』

アトピーに関する専門家のコメントなどを拝察している中で、本当にこの先生大丈夫かなぁ?というコメントを多く目にする。いままで多くの子供たちを被害に遭わせてきた理論が、未だまかり通っていること、まったく進歩のない皮膚科医・小児科医の現状をここ…

日本の皮膚科医の戯言(たわごと)理論シリーズ④『良い皮膚科医の見分け方?』

アトピーに関する専門家のコメントなどを拝察している中で、本当にこの先生大丈夫かなぁ?というコメントを多く目にする。いままで多くの子供たちを被害に遭わせてきた理論が、未だまかり通っていること、まったく進歩のない皮膚科医・小児科医の現状をここ…

日本の皮膚科医の戯言(たわごと)理論シリーズ③

『ちょっと変わったアトピー患者さん』 (赤嶺コメント)最近、アトピーに関する専門家のコメントなどを拝察している中で、本当にこの先生大丈夫かなぁ?というコメントを多く目にする。いままで多くの子供たちを被害に遭わせてきた理論が、未だまかり通ってい…

アトピー原因・治療の三団体比較

皮膚科医・アトピー協会・支援ネットワークのアトピー理論(原因・治療法)を比較①今回は、アトピーを取り巻く医療・支援関係の方々が、どんな理論をもってこの解決にあたっているかを検証してみたいと思います。日本を代表とするアトピー専門の皮膚科医、ア…

日本の皮膚科医の戯言(たわごと)理論シリーズ②

最近、アトピーに関する専門家のコメントなどを拝察している中で、本当にこの先生大丈夫かなぁ?というコメントを多く目にする。いままで多くの子供たちを被害に遭わせてきた理論が、未だまかり通っていること、まったく進歩のない皮膚科医・小児科医の現状…

日本の皮膚科医の戯言(たわごと)理論シリーズ①

最近は、サイト検索・相談数が格段と減ったので、アトピーに関する専門家のコメントなどを拝察している中で、本当にこの先生大丈夫かなぁ?というコメントを多く目にする。いままで多くの子供たちを被害に遭わせてきた理論が、未だまかり通っていること、ま…

どうしてうちの子だけが・・・アトピー?(悲)

何でこんな小さな赤ちゃんが痒がるの? ピカピカの笑顔を期待したご両親は、なかなか治らない我が子の湿疹、そして小さな手で懸命に掻きむしる 姿を見てそう思うのです。 生後まもなくから我が子の顔や体に湿疹が広がり出すと、大抵のご両親は驚き、すぐに治…

ある方のコラム = 同感

こんなにストレートに書ける人は素晴らしい。 僕も遠回しに言っているんだけど、判りにくいんだよね。よし、これからはストレートストレートだね。短いけど判り易い。 ※製薬会社の年収ランキング 大塚ホールディングス・・・平均年収1159万円シンバイオ製薬…

【Q&A】4歳のお子様の脱軟膏、脱保湿について

【Q】子どもの脱軟、脱保湿について 4歳のアトピーの子どもがいます。赤ちゃんのときに,、脱ステで顔のアトピーを治しました(半年くらいかけて)2歳ころから、身体(手足)がカサカサしだし、保湿をするようになり、今では朝昼晩ギトギトになるくらいしっかり…

アトピー医療は崩壊した~さらに被害者急増~

『アトピー性皮膚炎はこのままだと直ぐに1000万人となる』~こんな皮膚科医たちに子供の体を診せられない=壊される~ 日本皮膚科学会の元理事だった皮膚科医が、『ウチの大学では10年の継続治療はざらで自分が赴任した25年前から通い続けている患者…

海水浴場閉鎖に伴う家庭用プールで悪化

海水浴場閉鎖に伴う家庭用プールで悪化 今年はコロナウイルス問題により、全国で多くの海水浴場が閉鎖された。最近の猛暑で少しでも涼みたいと家庭用プールに子供を入れるご両親が多く、悪化報告が頻繁に発生しているようです。あ、当方会員さんにも少しはい…

【腸内細菌ちょこっと話】辨野先生の研究など

※今回は、昔から取り溜めていた腸内細菌関連のフォルダを紐解いて投稿してゆこうと思います。辨野先生の研究から・・・・。赤嶺福海 見えていたのは全体の3割だった 19世紀半ば、ウィーン大学のTheodorvon Escherich エシェリッヒ はふん便中に細菌を発見し…

【Q&A】生後4か月

アトピー治療に皮膚科医小児科医が携わらなかったら、今頃、アトピー患者はいなかった。~今では、原因も治療法も確立されていた~ 2万人を超える皮膚科医小児科医がいるのに、アトピーは増え続ける現実。もし、皮膚科医・小児科医がアトピー治療をしなかっ…

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【29】『アトピー患者さんへのワンポイントアドバイス』

『アトピー患者さんへのワンポイントアドバイス』 この皮膚科医は、20数年前から因縁の先生でもあります。アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジ…

公僕が税金垂れ流しの標準治療をごり押し~民間療法を行うと重症化すると~

アトピー性皮膚炎で「補完代替療法使用歴あり」の子どもは重症度が高いと判明 ~成育医療センターほか~ 【まずは赤嶺コメント】 表題を見てアトピーの方がすぐに考えるのは、『そうかぁ、民間療法をすると重症化するんだ』という感覚でしょう。なぜ、国家公…