アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

『11月12日』(いい皮膚の日)に寄せて

11月12日(いい皮膚の日

 

 

という記念日らしい。記念日かぁ?

 

その日(前後あり)に向けて、

皮膚科学会は大イベントを各地で繰り広げる。

治療ガイドラインに沿って、標準治療とされるステロイド剤・プロトピック軟膏、ディクピセント注射を中心とした薬物治療が一番なのだ、民間療法に騙されないで・・・と行なう。


それも薬物提供の製薬会社のお金で、あたかも自分が開発したような口調で講演されるのだろう。そして、お決まりの講演費用をポケットに入れて、さらに接待でゴルフしたり麻雀したり接待酒宴となる。


もう辞めようよ、、、皆さん。



いろいろなサイトを見て判るように、雑に計算しても被害者が300万人を超えていること判るでしょう。あなた方の言動は、国民をバカにしているんだよ。



原因も治療法も確立されえいないといいながら、、、、薬物ありき。



誰一人、本当の原因を話そうとしない、、、、話せば村八分と判っているからでしょう。
村八分になっても俺は、国民の為に、子供たちの為に頑張るっていう医者は出てこないのかなぁ。

この先、確実に被害者は増え、多くの問題が発生することはわかるでしょう。君たち責任取れるの?300万人超えの人生に保証できるの?

 

 

ま、ガイドライン通りに治療しましたって、逃げるんでしょうけど。



特に、民間療法を検証もしないで『ニセ医学』と叩き続けるお医者様その中でも最近調子に乗っている大塚篤司という京大の医者?は、アトピード素人のくせに、製薬マネー欲しさにくだらないアトピーコラムを書き続けている。

 




おい、アトピーの発症要因を示してみろ!と言いたいほど希薄な理論で、インターネット展開の民間療法を叩き続けている。1対1では、何も言えないのだろうけど、似合わない白衣を着て講演すれば偉いと思っているんだろう。

 

数十年前の金沢大学竹原和彦医師とそっくりな行動だし、顔も似ている。行く末は一緒だろうね。

被害者の前でその講演ができるかな?質問攻めに遇って、オロオロしなければならないよ。

ま、出来ないだろうが、もう、そろそろバカな行動は控えた方がよいと思う。これ以上続けると恨まれるよ。そして、鉄砲玉もありえるよ。

アトピーもそうだし、ガンもそうだし、予防接種も全て製薬会社の手先になって活動するお医者様、、、、

 

もう、日本を病人だらけにしないで

 

 

あなた方は、優遇税制によって日本国民の悩む病気を治す役割なんだからね。クスリだけでは無理よ、、、あなたの気持ちが治すんだ・・・という事忘れないでね。

もう、真面目になってよい時期だよ。

でも、あの大塚って医者は気に食わないのは、、、、俺だけかなぁ?。

 

 

アトポスSP

 

www.atoppos.co.jp

 

www.atoppos.co.jp