アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

アトピーと乳酸菌(腸内細菌)療法の元祖は?あ、、俺だ。


アトピー研究開発・サポート25年。

完全克服者輩出1万人超え。

サポート克服率95%超え。

 

この結果だけでもアトピーと腸の関係が密接だということは誰でも理解できる。

25年前に新聞発表しても、書籍を出しても、医者は

 

『何で腸とアトピーに関係があるんだ、バカじゃないの!』

 

と罵られた。それも

 

アトピービジネスだ、金儲けのために出鱈目な療法を編み出した』

 

と。金沢大学竹原教授もアトピービジネスという本でも攻撃をかけてきた。

よく考えてみると、我々が気がつかなかった

 

『製薬マネー』

 

があの時代から大きく動いていたのだろう。

ステロイド剤以外の療法が主となったら困るのだ。その後は、ステロイド療法は、テレビ・新聞・週刊誌で正当化させるために、大学教授を使って信頼おけるNHK(今は信頼ゼロだが)を駆使して広告をかけることになる。

ステロイド剤は副作用は無い!

 

といいながら、『プロトピック軟膏』が開発認可されると、

 

ステロイド剤は副作用があるから、今度開発された免疫抑制剤プロトピックには副作用は無い』

 

と大きく方向転換を図ったのだ。数年経過して、皮膚がんになることが報道されると、またステロイド剤へ転換させ始める。

ステロイド剤は塗り方が問題なのです』

 

と、有名大学病院の教授たちを使って、また大宣伝を行なう。

 

一方では、民間療法を叩くために、少しの表記間違いにおいても当時の薬事法医師法』を駆使して問題報道として、テレビ雑誌に掲載させた。製薬マネーは、テレビ局も雑誌社も週刊誌も全て動かせるのだ。政治家も官僚もその金に塗れ、手も足も出せないのだ。

で、話は戻るが、

 

25年前は温泉療法が主流であったが1人300~500万円が必要だった。自社雑誌を中心に啓蒙活動し、経済的優位の方々を中心に初回100万円毎月数十万円など恐ろしいほどの出金をさせた。ステロイド剤の医者は、漢方薬を中心とした治療やパパイヤ酵素など、収入が大きい治療に勤しんだ。



そんな中、

 

腸内細菌研究も終了時期に出会ったアトピー性皮膚炎の子供たち。恐ろしいほどの症状に耐えながら、親の治療サーフィンに苦痛の色が隠せなかった。アトピー性皮膚炎は免疫問題、免疫は腸管、腸管整備はお手の物、、、、仕組みは判らないけど、必ず関与しているはずだ。

 

と、元東大の微生物学研究者や京大卒の研究者、民間の研究者と手を組み、東北の子供たちを副作用の無い乳酸菌摂取にてどの様に変化するのか、またどの様にして発症したのか、その時期と出産環境などを聞き取りし続け、結果的に多くの克服者を輩出した。

この結果と聞き取り、普段の生活、食事、家庭環境などを組み合わせて、多くの事実を発見し、克服のための基礎として重要なのは『腸内緩急に有る』と断定した。

 

この解決が急務と、数多くの試作品を製造し、便検査によって得た乳酸菌が、現在当社が推薦する『人由来特殊乳酸菌』である。菌種類11、菌数約1兆個/gと世界最高の菌数と菌バランスであろう。

 



さらに、

 

ベストの乳酸菌、世界一の乳酸菌となる『DNAオーダー乳酸菌』をその当時開発することになる。

 

そして世界2位となる『血液型別乳酸菌』も当社が開発したものである。

 

世界NO 1、NO 2乳酸菌は当社の開発である。

 

乳酸菌研究者の誰もが世界一と思っている『オーダー乳酸菌』だが、大手は特許を取得しないかぎり動かない。当社の書籍や資料発表、サイト告知期日によって手が出せないのであろう。

ただ、この乳酸菌を使用すれば、誰も改善するわけではない。

 

いや、する方もいる。

 

このアトピー性皮膚炎は、皮膚改善のためのステップは、人それぞれ違うが、多くの対策を練らなければならない。物理的な処置、家族の環境整備、自然との関係整備、克服日の設定、毎日の行動計画等々、目に見えない事も多く、これは多くの経験をしないと見えてこないし、発症の要因に対しての整備が重要となり、改善スピードは1ヶ月1センチと悪化の10分の1である事を理解しながら、コツコツ進行させることと、理に適ったサポートが重要となるのだ。


民間の多くのアトピー指導者はいるが、サイトやSNSで確認しても、本当に会得している指導者は数人しかいない。

 

当然、医者はこの症状のブラックボックスを一切理解していないので、患者さんの理論より低いことになる。患者さんは経験者だから、苦しみも状況も医者より把握している。質問しても納得のいく返答は皆無といってよい。


いろんな経過から、他の乳酸菌資料を回顧しても当社が元祖となる。

 

今一番力を持って活動している『カルピス・アルケア』においても最近の発表であるし、当方の乳酸菌の100分の1となっている。

そうかぁ、俺が元祖かぁ。って、また自己顕示、嫌われるよね。

 

 

 

アトポスSP

 

www.atoppos.co.jp

 

www.atoppos.co.jp