アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

新生児アトピー予防戦略、ビタミンD補給よりも紫外線曝露

新生児アトピー予防戦略、ビタミンD補給よりも紫外線曝露

新生児アトピーの関連情報を閲覧していたら、こんなリリースを見つけた。

 ビタミンDアトピー性疾患の関連はさまざまに取り上げられている。オーストラリア・西オーストラリア大学のKristina Rueter氏らは、新生児におけるビタミンD補給による湿疹および免疫能への効果を明らかにするため、二重盲検無作為化プラセボ対照試験を実施。

その結果、ビタミンD補給と湿疹罹患率との間に有意な関連はみられなかった。一方で、一部の対象児について行った紫外線曝露量との関連評価(非無作為の探索的解析)から、その曝露量が多い児では湿疹罹患率が低く、炎症誘発性免疫マーカー値が低値であったことを報告した。

 

【赤嶺コメント】
うんうん、面白い研究ですね。当方でも、外に出す子供とそうでない子供の差は歴然です。紫外線というより、季節信号(磁力線)と判断しているけどね。乳児にビタミンD摂取は、あまりお奨めできないね。


著者は今回の検討は紫外線量と湿疹罹患率などの関連を初めて明らかにしたものだとしたうえで、「生まれて間もない時期のアレルギー予防策として、紫外線曝露がビタミンD補給よりも有益と思われることを示すものである」とまとめている。

【赤嶺コメント】
僕はやはり、磁力線による体内時計と代謝調整の問題と思うね。


 試験は西オーストラリア州の州都パース(南緯32度[日本では鹿児島県が北緯32度])で、第一度近親者(両親・兄弟)がアトピー性疾患を有し、37週以降に生まれた生後28日未満の児を集めて行われた。

 被験児は、ビタミンD(介入)群(400IU/日)またはプラセボ(ココナッツおよびパーム核油)群に無作為に割り付けられ、生後6ヵ月まで投与が行われた。


 また、非無作為に選択した一部の被験児にパーソナルUV線量計を割り当て、生後3ヵ月までの紫外線(290~380nm)曝露量を測定した。

 

【赤嶺コメント】
こんな小さな子供に、強制的照射してよいものかなぁ?


 ビタミンDレベルを生後3ヵ月と6ヵ月時点で、湿疹および喘息ならびに免疫機能については6ヵ月時点で評価した。

 




 主な結果は以下のとおり。


・2012年10月9日~2017年1月23日の期間に計195例(介入群97例、プラセボ群98例)が参加し、そのうち紫外線曝露量の測定は86例に行われた

ビタミンD値は、介入群がプラセボ群よりも、生後3ヵ月(p<0.01)、6ヵ月時点(p=0.02)いずれにおいても有意に高値だった。

・いずれの評価時点においても、湿疹罹患率に差は認められなかった(3ヵ月:介入群10.0% vs.プラセボ群6.7%、6ヵ月:21.8% vs.19.3%)。

紫外線曝露量が測定された被験児において、湿疹を呈した児は呈さなかった児よりも、紫外線曝露量が有意に少量であった(中央値555J/m2[四分位範囲:322~1,210]vs.998J/m2[676~1,577]、p=0.02)。

また、TLRリガンドを介したサイトカイン(IL-2、GM-CSF、eotaxin)産生と紫外線曝露量に逆相関の関連が認められた。

 

【赤嶺コメント】

あまりよく判らないが、外に出ることが重要であるということでしょう。それと、強制的に成分を摂取させることは大問題であることは確かだ。

 

www.atoppos.co.jp

 

www.atoppos.co.jp

 

www.atoppos.co.jp

 

f:id:umi293293:20190717191550j:plain

赤嶺 福海