アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

アトピーのゴール(皮膚科医の考え方)

アトピーのゴール(皮膚科医の考え方)=怖い

当方でのサポートゴール(卒業)とは、『完全克服』。しかし、皮膚科医においては、7つの段階があるらしい。その段階の先には、本当に完全克服のゴールがあるのか、患者さんの誰もが不安に思うゴールである。
そして、突っ込まれると直ぐに逃げてしまう。『そんなに僕を不安に思うのであれば違うところで診てもらいなさい、、、どうせ、一生のお付き合いですよ』などと捨て台詞まで吐くという。

だって、アトピーの本質を知らないで、アトピー診察してるんだから、患者としてはたまったもんじゃないよね。少しだけ批評してみよう。ま、ありきたりの批評となってしまうだろうけど・・・。医者の診療の目的は何なのか?白衣を着て薬を売ることだと言って間違いない。取り敢えず2例。

アトピー患者さんが目指すゴール(1)

本日から、7段階でアトピー性皮膚炎患者さんが目指すべきゴールを書いていきます。まずは、夜しっかり眠れることが最小必要源のゴールです。◎◎大学病院時代には、不眠を訴える患者さんには1~2週間程度の入院を勧めていました。不眠があるということは、仕事や学業に大きな支障を生じているわけですから、早急にその問題を入院という手段で解消すべきと考えていたからです。


【赤嶺批評】

何で不眠になるのか、その原因もお知らせしなければなりません。ただただ、入院させてステロイド剤浸けにして、睡眠がとれるようになっても、その先のシミュレーションも見えなくて、取り敢えず今を乗り越えるためにと、しぶしぶ納得した患者さんに、また大きな試練を与えることになることは、20数年間のアトピー経験でご理解できているでしょうに。

そして、退院するとステロイド剤なしには眠れずに、止む無く継続するけど、『先生、この先どうなるんですか?徐々に薬を使用しなくても解決するんですか?』という質問には、納得いく答えを出せないまま、ただただステロイド剤浸けにしただけなのです。

その患者さんが、多くの民間療法へ流れて本当の改善を見たことで、ステロイド剤・皮膚科医批判となっていることを、製薬マネーの力でねじ伏せようとしている今日この頃なのです。

困っている皆さんは、本当に簡単なことですから、少しだけ勉強すれば確実に改善できるのです。ご自身のために大事なお子様のために、勇気を持ちましょう。皮膚科医は、この世のガンと言って過言ではありませんよ。本当です、何も知りません。あなたより知識はありません。質問攻めにしてみてください。

画像2

アトピー患者さんが目指すゴール(2)

2番目のゴールは絶え間ない痒みからの脱却ですか。皮膚症状に適した外用薬が選択されていれば、若干の痒みは残るにしても1週間程度の外用で痒みは和らぐはずです。最低限、人前で掻く動作はしないことが2番目のゴールの具体的な状況です。また、人前で掻くことは自分の皮膚の手入れができていないことになり、私から見ると恥ずべきことだと思います。


【赤嶺批評】

『掻くことは恥ずべきことだ!』という、こんな医者にかかりたいですか?今目の前の症状を闇雲に薬で対応しているだけです。皮膚科医は痒みの原因を知らないのです。

いつ外せるのかと言っても『そんなに長くないと思いますよ』『まずは1年を目標としましょう』そして、突っ込むと『う~ん、先にことは判らないけど、10年なのか、20年なのか・・・それはあなた次第ですよ』とかアトピーはね、一生の付き合いなんですよ、仕方ないんです』で締めくくるのです。

ステロイド剤等で治らない体にして社会へ放り出すのです。人災です。10000人いる殆どの皮膚科医がこの考えと言って間違いありません。ということは、もうどこの皮膚科に行っても本当の解決はないということです。ご自身でお子様やご自身を守るほかないのです。簡単な理論です、しっかり勉強されて、少しの我慢と笑顔で確実に乗り切れるのです。

 

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村