アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

【プレス批評】アトピー性皮膚炎でステロイドを25年

副作用で地獄を見た女性

             2020年07月13日 05時45分 TechInsight

 


今回は、ニュージーランドの女性。5歳から25年間ステロイド剤を使用したことでの現在の人生観を綴っています。いじめ、白内障等々、厳しい状況からの離脱復活されたお話が、プレスされていましたので・・・・。皮膚科医Tさんは、25年を超えてもなをステロイド剤を処方します、恐ろしい方です。責任持てるのかなぁ。

 

5歳でアトピー性皮膚炎を患い25年間もステロイドに頼ってきた女性が、薬の副作用で白内障になったことをきっかけに全ての薬の使用を止めた。長い歳月をかけて自分に向かい合い、心や身体を治療してきた女性の軌跡を『Metro』『The Sun』などが伝えている。
ニュージーランド北島オークランド在住のアニータ・ウォンさん(Anita Wong、36)が、アトピー性皮膚炎に悩まされるようになったのは5歳の頃だった。アニータさんは学校で「病気がうつるから」といじめられ、自信を失くして人と接することが辛くなった。また酷い痒みや痛みから不眠症にも悩まされ、症状は年を重ねる毎に悪化した。
両親はそんなアニータさんを皮膚科やアレルギーの専門家のもとに連れて行き、皮膚を柔らかくする薬やステロイド外用薬、抗真菌クリーム、免疫抑制剤、経口ステロイド抗生物質、抗ヒスタミン薬、そして自然療法など様々な治療を試みた。しかし処方してもらった薬が効くのは最初の数週間だけで、結局最後はステロイドを使用するという悪循環が続いていた。

コレクチム・その他の承認品目

 

それでも第1子を妊娠した9年前、一度はステロイドの使用を止めたが、症状は悪化。出産後に耐えられなくなって再び診察を受け、特に症状が酷かった顔を中心にステロイド外用薬を使用するようになった。

アニータさんは当時のことをこう振り返っている。

「外用薬が効いたのは最初の数か月だけでした。そして8か月後、ステロイドを長い間使用してきたことによる副作用で、白内障だと診断されました。その後の手術で左目は視力を取り戻しましたが、右目は合併症や眼内レンズのずれなどのトラブルにより視力を失いました。」

「あの頃の私はショックと悲しみ、そして怒りに満ちていました。

25年間もステロイドを処方してきた医師への怒りです。」

「それでも時間とともに少しずつ立ち直っていった私は、『自分の身体は自分で管理するしかない』と心を入れ替え、全ての薬を止めてデトックスする決意を固めました。2人目の出産を終えた、2013年7月のことでした。」

しかしアニータさんにとって、本当の闘いはここからだった。ステロイドを止めたことで「ステロイド外用薬離脱症状(TSW)」を起こし、重度の皮膚の赤み、焼けるような痛み、痒み、乾燥、ひび割れなどを起こし、不眠症鬱病にも悩まされた。また一時はベッドに横になり、呼吸をするだけでも身体が痛み、外出もままならなくなった。

アニータさんは自分の回復の軌跡をInstagramYouTubeに投稿しており、2018年1月に「始まりは地獄のようでした。処方される薬を安易に受け入れ、身体が悲鳴を上げていたのです。でも時間をかけ、なんとか自分で納得がいく状態まで回復しました」と明かしている。薬を止めて4年半が経っていた。

アニータさんは最後に、こんなメッセージを残している。

「5歳の頃から『自分は普通だ』と感じたことはありませんでした。でもここ数年で、身体や心、健康について学び、私はずいぶんと強くなり、自信が持てるようになったのです。今は規則正しい健康的な生活を心がけ、フルーツや野菜中心の食事を摂るようにしています。肌の調子もとてもいいんですよ。」
「私の経験をシェアすることで、より多くの人にステロイドについての理解を深めてもらえればと思っています。そして皮膚疾患で苦しむ人には焦らず、じっくり自分と向き合って欲しいと思います。」

画像3

※演劇での衣装で・・・(チンピラ役)

【赤嶺コメント】

ステロイド剤被害者の語りは、身に沁みますね。もう、どれくらいの方が声を大にして訴えてきたことでしょう。青春を失い、体も少しづつ蝕まれ、大事な目や腎臓・肝臓なども低下してゆくのが自身で感じ、この先の不安がさらに鬱化してゆくのでしょう。

 

この方の一大決心と行動は素晴らしいと思います。結論からすれば、人間は食べて生きているということです。その食べ物が、血となり肉となることの仕組みを理解すれば、このアトピー性皮膚炎の改善も難しい事ではありません。

 

皮膚科医小児科医は、皮膚のすべての症状に『ステロイド剤』を中心とした薬ありきの処置しかしません。我が子にも同じ処置をするのでしょうか?いや絶対にしません。もう、多くの結果からステロイド剤ではアトピーを解決できないと確認しているからです。

 

この方のように、もうアトピー性皮膚炎は自身で解決しないかぎり医者の体を壊されてしまいます。医者は、医者になるまでがゴールなのです。目的達成した後は、これまでの慣習に染まった先輩医師に従うことしかできないのです。よって、製薬会社の恩恵に預かることをベースに医師活動となるのです。だから、すべての病気は薬ありきなのです。

もう、こんな医者たちの診断に体を任せられませんし、従えば確実に壊れてゆきます。


自分自身が主治医となって、自己の体、我が子の体を守るしかないのです。その解決方法は簡単です、、、、

 

こちらですぐに分かります。

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村