アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【9】 『何故難治性のアトピー患者が増えたか』

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【9】
『何故難治性のアトピー患者が増えたか』

※初めて閲覧される方も居られますので、書き込み経緯を毎回書きます。複数回お越しの方は飛ばして、大事な部分のみお読みください。

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、いい題材がありました。20数年前から因縁の先生でもあります。アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院 『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。今は退官が迫り開業できない焦りからか、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。

20年前にも彼が新聞に寄稿した『アトピー教室』に批評したのを思い出します。また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金●大学病院 ●●教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』

アトピー論争アトピー性皮膚炎を取り巻く現状www.atoppos.co.jp

『ドクター●●のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター〇〇のアトピー教室」を当HPに掲載します。
掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。
委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。
悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。
この連載筆者、●●●●氏は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。
このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。
付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しいと予想される。(再発無しの完全克服)

・・・・・当時、こんな言葉で批評をスタートしました。

久々に彼のこれからの進行(独立訪問診療)などを拝見させていただき、大丈夫かなぁ、、敵対というより心配が先に来ます。自営は簡単ではないと思いますよ。これまでの書き込みから、今回始める訪問医療も長続きしないような気がして心配です。

ということは、薬も出ないとなれば、ステロイド販売の製薬マネーも打ち切りです。自由診療となれば、ステロイド剤も定価ですね。近所の皮膚科に行ってステロイド剤買うと思いますよ。

ここに今回のテーマ『何故難治性のアトピー患者が増えたか』を批評してみよう。

何故難治性のアトピー患者が増えたか【1】

何と言っても1990年代のステロイドバッシングです。今ではメディアの表立った舞台では露骨なステロイドバッシングに関する報道は減りましたが、患者さんサイドの一部には「できれば使用したくない」「悪化して我慢できなくなるまで使用しない」と消極的な考え方をする人が多く、医師サイドにも「5日以上使ってはいけない」とか「弱い薬しか出しません」とかアトピー治療に後ろ向きな皮膚科医が少なくありません。

【赤嶺コメント】
ステロイドバッシングより、先生が陣頭指揮取った『アトピービジネスバッシング』の方が異常だったような気もしますがね。アトピービジネスの本まで出して、まだ本棚にありますよ。先日、見返しましたら、また腹が立ってきましたよ。自分の技量は棚に上げて他者を批判する、お医者様の一番悪い癖ですね、、、育ち方ですかね。今でも若い医者連中は、名前出さなくてよいSNSでは、異常な働きをしていますよ、、、先生のかわいい弟子たちです。全くヲタク的な攻撃です。身元分かって尋ねると土下座するんじゃないですか・・『すみませんすみません、、、もうしません、、、許してください』って、何もしないで帰るふりすると、『なんだよ、馬鹿野郎』って感じの馬鹿医者連中のようです。自分にも言えますが、もう、馬鹿な批判は辞めましょうよ。まずは、先生の理論が必要なんです。なぜ、ステロイド剤が良いのか、、、いつ、必要なくなるのか、先生の理論が1回も出てこないんです。おそらく、診察室でもでていないのでしょう。まず、そこから信頼を勝ち取りましょう。

何故難治性のアトピー患者が増えたか【2】

この病気を治りにくいものだと諦めている人が多くなったのも難治の原因だと思います。一般の皮膚疾患、例えば乾癬の患者さんは自分の病気を隠そうとしますが、アトピー性皮膚炎という病気は一般に認知されている反面、真っ赤な顔をして「アトピーだけど文句あるか」といった感じで日常を過ごしている人が少なくなく、自分の疾患を隠そうとしません。

【赤嶺コメント】
え、、治り辛いと思ったら難治化するんですか?そんなことありませんよ、元々、発症原因を知らないで、何でもかんでもステロイド剤処置をしたことが、難治化したのではと思いますけど違います?先生、ステロイド剤使用すると受容体変化して、自己のステロイドホルモン受容できないんですよ。一生にわずかな産生量しかないんですよ。百万分の1gで作用するステロイドホルモンなんですよ。それを『塗る量が少ない』では、みんな怖がりますよ。もう、患者さんは、ご自身のことですからいろいろと勉強されているんです。当方のサイトでは、今はあなた方のお陰で非常に少なくなりましたが、その前は毎日最低1万人入場していましたけどね。みんな先生との論争も見ていると思います。また、ステロイドホルモンの問題も知っていると思いますよ。先生、人間の一生80年の産生量を知ったら、あれほど大量のステロイド剤を塗れないし、処方もしないと思いますけど、、、先生は違うんだろうね。『まず、目の前の大火は消さないと延焼するんですよ』というお得意のコメントでスタートさせるんですよね。もう引き返せない処置ですし、患者さんたちは、必ず後悔しています。共感能力不足かもしれませんね。

何故難治性のアトピー患者が増えたか【3】

患者さんも医師もこの病気を治りにくいと諦めてしまって、治療のゴールが低くなっているのではないでしょうか?金沢市内の開業医さんから「コントロールはまずまずと思っていますが、患者様の強い希望で大学病院に紹介します。」と書かれた紹介状の患者さんを症状のひどさから即日入院させたこともあります。夜間の不眠を訴える患者さんをどうして「まずまず」と評価できるのでしょうか?逆に患者様から「夜眠れているので、こんなものだと思っています。」という重症患者さんも少なくありません、

【赤嶺コメント】
先生、治療のゴールってどこですか?何年後にどんな状態になることがゴールですか?まさか、保湿剤で処置して、悪化すればステロイド処置っていう感じですか?何か月後ですか、何年後ですか?そして、いつステロイド剤が外れるんですか?『そんな判らんよ、患者の自己管理次第だよ』でしょうか?なんかもう色々見えましたよ。自分の努力不足は、絶対ないですよね。皮膚科学会も理事会も人間性を見られたんじゃないですか。その重症患者の一番先の治療は何だったのか聞き取りされたらいいですよ。99.9%今先生が行っている治療法です。最初は、民間療法ではないですよ。良くなることを教えてくれない先生方に業を煮やして、高いお金をかけて民間療法に行くのです。民間療法は、先が見えるんです、理論も納得できるんです。先生方のように、『今の標準治療は、、、ガイドライン通りに、、標準治療が最高』と、行うことは、ステロイド剤の処方のみじゃないですか、、、幼稚園でもできますよ。あ、、また、口が。

画像1

何故難治性のアトピー患者が増えたか【4】

もともとアトピー性皮膚炎は自然治癒傾向のある疾患です。しかしながら、わずか1,2例の体験だけでアトピー性皮膚炎を治したという情
報が氾濫しています。娘が通っている「整体師」からも「薬を使わずにアトピーが絶対に治る方法を教えてあげよう。それは石鹸を一切使わないようにすればいいんだよ。」と言われたそうです。アトピー性皮膚炎については一億総評論家的になってきて、専門家を信じない、診察室で私に対して「あなたの考えは間違っている」と議論をふきかける患者も少なくありません。要は根拠に乏しい情報に振り回されすぎているということです。

【赤嶺コメント】
先生、診察室でしっかり理論を会得させ、克服の出口を見せればみんな先生の指導に従いますよ。これまでに収集した情報よりも劣ることが問題なのです。患者さんに、信頼させる理論と言葉とオーラが重要だと思いますよ。専門家というのであれば、末端で診察する専門家らしくどんな質問も分かりやすく理論的に対応できる技量を持ちましょう。けして誤魔化さないでください。整体師もよく勉強していますよ。自分のオーラがすべてですから、勉強のしますし実績も出していますよ。先生、娘さんが通っている整体師の理論も聞いて、少しは取り入れてこれからの訪問診療に役立てた方が良いですよ。もし、私の理論が聞きたい場合は、少しお金が掛かりますけど、患者様には納得できる内容だと思いますよ。何でもいいものは取り入れることです、排除するのはいつでもできるのです。まずは、患者さんに信頼を得ることです。

何故難治性のアトピー患者が増えたか【5】

私は大学の初診患者さんに対して「私の指示するように薬を塗れば、1週間でほど痒みはゼロになるけど、信じられる?」と尋ねます。多くの患者さんは「信じられません。」「信じたいと思います。」「そうなればいいと思いますが、そうなるとは思えません。]と回答してきます。ある患者さんは「私は生まれてこの方、記憶のある限りかゆみを感じない日はありませんでした。あり得ないことを患者に期待させるようなことを言って、患者をからかってあなたはそれで楽しんですか!」と激怒されたこともあります。例外は多少ありますが、初診時全身に外用して、以下の使用量を指示して、1週間分の外用薬を処方して、それを使い切るように指示して翌週来院してもらうと、かゆみはほぼゼロに近づいています。激怒した患者さんも「塗り方だけで本当にかゆくなるものなんですね。」と2度目の受診時に言っていただきました。ただその後が本当は重要なのです。それは明日書きます。

【赤嶺コメント】
先生、誰が指示しようとそれだけの大量のステロイド剤を塗布すれば、誰だってある程度の回復はするでしょう。しかし、その反動も大きいことを理解しなければなりません。改善した分、多くの細胞へ作用していますので、その細胞分の受容体は、自己ステロイドホルモンに作用しなくなることをお知らせしなければなりませんね。患者さんはね、もうステロイド剤を処方すれば、痒みが無くなることは理解できています、、、問題はその後なんです。この進行で、本当にステロイド剤無しの生活ができるか否か心配で心配で仕方ないのです。その解決方法を指南しない限り、患者さんは安心して先生の治療に参加できないと思いますよ。ま。大量使用後のコメントは良いとして、時間経過とともに厳しい言葉も出てきたんじゃないですか、先生。どうして切り返したの、そのコメントが欲しいです、聞かせてください先生。

何故難治性のアトピー患者が増えたか【6】

私が医師になったころは、アトピー性皮膚炎は子供の病気で、大人になると自然に治癒すると言われていました。しかしながら、いわゆる成人型のアトピー性皮膚炎の患者さんが増えて、この疾患は一生治らないと誤解している人も多くいます。なぜ成人型のアトピー性皮膚炎が増えたのか?いわゆるステロイドバッシングの時期と成人型のアトピー性皮膚炎の増加の時期が一致していて、子供の時に治すべき患者さんが治さなくなったのではと思います

【赤嶺コメント】
また、ステロイドバッシングの責任ですか、、、一人二人の問題でないから、この40年間問題となっているのでしょう
、もうこの3月に退官されるのですから、これを機会に本当の医療に目覚めてはいかがですか?もう、鱈腹製薬マネーは頂いたでしょう。お酒も飲んだでしょう、ご家族と旅行もいかれたでしょう、お嬢さんに服も買ってあげたでしょう、お孫さんにプレゼントしたでしょう。
お孫さんのためにも本当の治療に戻られて、先生の力で、このアトピー治療システムを正常に戻してください。このままのステロイド剤処置では、多くの被害者が出るのは間違いないことは理解できていることでしょう。私が応援しますよ、本当の原因や治療方法を。先生が私と同じ話を、患者・ご両親に気持ちを込めてお話すれば、間違いなくこの社会は変化してゆきます。だって、アトピーの子供が生まれない、もし、生まれても1年以内に克服できるのですから・・・。大人まで解決しなかったのは、あなた方医者の問題です、薬害ですよ。この変化時期に改心して、いい先生に生まれ変わってください。

何故難治性のアトピー患者が増えたか【7】

一つの理由は日本の保険医療制度によります。私は、大学病院の責任者ですので、困り果て悩んだ挙句に来院された患者さんには、通常の診察以外に約1時間の説明会を設けています。でも、開業している医師からすると一人のアトピー性皮膚炎の患者さんにどんなに時間をかけて説明してもただなのです。(もちろん、私も大学病院も無報酬です、)アトピー性皮膚炎患者さんに特別の労力を払うと、開業医さんは経営的にやっていけないので、十分な説明が受けられないのです。アトピー性皮膚炎診療の医療改革が望まれます

【赤嶺コメント】
無報酬って、、、? 医者は患者を改善させることが使命でありますよ。改善するためには、その病気の原因や処置の理解が必要なのは当たり前。短時間でその伝達をする方法もお医者様の責任でもありますよ。それを、、『こんなにしているのに、、、無報酬だよ。医療改革が必要だ』というより、その1時間の説明、本当のこと?僕は、大きく逆方向へ向かう方法だし、時間の無駄なような気もする。先生のアトピー改善方法では、解決どころか、解決できない体へ移行しているので危険だし、聞かない方が患者様には良いかもしれないと・・・なんて、批判めいた内容しか思いつかないのは可笑しいのかなぁ。開業医も努力不足なんだと思う。そのうち、ステロイド薬害が始まると、努力していない多くの皮膚科開業医は倒産だね。そこから努力して立ち上がってくれば本物と思うし、患者ファーストのクリニックとなっているでしょう。

何故難治性のアトピー患者が増えたか【8】

単純に外用療法の皮膚科医全般の技術が低下したのではないでしょうか?「この薬は5日しか塗ってはいけない」「保湿薬を塗ってからステロイド外用薬を塗りなさい、「この薬はひどい時しか塗ってはいけない」とかとのコメントをよく聞きます。私なら「この薬を1週間塗って、その後の様子を確認に必ず来てください。」「保湿薬とステロイド外用薬が混ざると正常部外用薬が拡散して、悪化部位でのステロイド外用薬の濃度が薄まるのでやめてください。「ひどいと思ったら、早めに強い薬に切り替えてくださいね。」と言います。ちょっとした発言のニュアンスで患者さんの運命まで変わってしまうのです。

【赤嶺コメント】
また、、同族皮膚科医の批判ですか。そんなに先生の治療で改善して、卒業できているのですか?そんな強い薬を出し続けて、患者さんは情報を得て怖がっているんじゃないですか?何のためにそんな強い薬を使うのか分かりませんが・・・その使用後はどうなるんですか?次に弱い薬を使用すると効果ないということも聞きますが、本当に問題ないのですか?先生のこともいろいろな先生が批判されているようですよ。批判の対抗ではないですが、あまり人のこと言わない方が良いですよ。あ、僕もですが、、、この批評は本当のことですから・・・本当のことを知らせないと多くの患者さんが路頭に迷いますから。先生方は、その後どうなろうと痛くもかゆくもないでしょうが、患者さんは大変なんですよ。そして、今度独立されて診療をしてゆけば、これらのコメントの意味が理解できると思いますよ。おそらく、先生の理論や処置を納得されて長く進む方は居ないと思います。

【まとめ】

何故難治性のアトピー患者が増えたか?の結論からすると『マスコミ批判』『同族皮膚科医の技術批判』そして『患者批判』ということは、自分がこの皮膚科医ではトップですって言いたいのでしょうかね?僕から見ると、25年前のど素人皮膚科医時代から、まったく進歩していないアトピー理論であり、これまで多くの被害者を作り続けているし、他の療法を批判することで克服のきっかけをなくした患者さんの妨害も含めれば『アトピー被害のA級戦犯』とも言えますね。本当に、本当に勉強してください。

画像2

 


アトポスSP

 

話相談(毎週水曜日)・有料面談

 

無料相談メール

 

【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】


【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 

 

 


アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村