アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【6】 ~アトピー患者さんに望むこと~

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【6】
アトピー患者さんに望むこと~

※初めて閲覧される方も居られますので、書き込み経緯を毎回書きます。
複数回お越しの方は飛ばして、大事な部分のみお読みください。

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、いい題材がありました。20数年前から因縁の先生でもあります。アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院 『金〇大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。今は退官が迫り開業できない焦りからか、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。
20年前にも彼が新聞に寄稿したアトピー教室』に批評したのを思い出します。
また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金〇大学病院 ○○教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』
https://www.atoppos.co.jp/html/13ronsou-4.html

『ドクター○○のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター竹原のアトピー教室」を当HPに掲載します。

掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。
委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。

悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。
この連載筆者、〇○○〇氏は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。

このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。
付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しいと予想される。(再発無しの完全克服)

・・・・・当時、こんな言葉で批評をスタートしました。

久々に彼のこれからの進行などを拝見させていただき、大丈夫かなぁ、、敵対というより心配が先に来ます。自営は簡単ではないと思いますよ。これまでの書き込みから、今回始める訪問医療も長続きしないような気がして心配です。
ということは、薬も出ないとなれば、ステロイド販売の製薬マネーも打ち切りです。自由診療となれば、ステロイド剤も定価ですね。近所の皮膚科に行ってステロイド剤買うと思いますよ。

ここに今回のテーマアトピー患者さんに望むこと』を批評してみよう。ご自身の理論は別として、アトピー改善には『患者の努力が一番なんです』ってことですかね。さて、、、どんなことに。

アトピー患者さんに望むこと【1】

ネット、口コミ、非専門医、民間療法業者などの言うことを鵜呑みにせずに、プロとしての皮膚科専門医をまずは信頼して欲しいと思います。「薬を使わずに治してくれ。」なんて言われると「私は祈祷師ではありません。」と答えてしまいます。

【赤嶺コメント】
いやいや、、、患者さんの言われる通り、ステロイド剤無しで改善させる方法を検討されればいかがですか?これから多くの方々と保健の利かない医療を行うわけですから、もっと厳しい質問・コメントが来ますよ。柔軟に対応できるようにしないと、一発でクライアントは居なくなりますよ。実際に、ステロイド剤無しでの克服者は、ステロイド剤使用のはるかに多い数、克服されていますよ。当方だけでも万を超えていますので、相当の数だと思います。ステロイド剤での克服はいったい何人なのでしょう?ステロイド剤依存させることはあっても改善の方法を知らないで処方していますよね。一時的な快楽は味わえますが、その先は大変ですよね。私は原子力発電と同様に、便利だけど、一度トラブったらなかなか元通りにならないことから、私は『原発ステロイド】と吹聴していますが、、、何か?

アトピー患者さんに望むこと【2】

アトピー治療には自己管理が必要ですが、そのためには、全身をよく見て触ってほしいです。皮膚科医にとっても触診は非常に大切で、正常色でも皮膚が硬く触れる部位は重症と判断すべきです。

【赤嶺コメント】
硬くなった部位は重症ですか?どうして?って、聞かれると困るでしょう。『異物が侵入しやすい環境にあるために、皮膚を固めて侵入阻止をしているんですかね』、また『皮膚層を少なくして、直ぐに排泄しやすいように常に皮膚角質層を排除して侵入を防いでいる』とかね。そんな馬鹿な理論がどこにある(プンプン)って、怒るでしょうが、どうして固くなるんですか?触診もいいんですが、何のための触診か説明しないと、セクハラ犯罪になりますよ。顔も厭らしいんだからね、気を付けないと。あ、自分もそんな感じですが、触診なんてしたことないし・・・・。ま、自己管理といっても、改善のための理論を指導いただかないと、どうしたらよいのか、この先生が言っていること本当なのか?見極めての進行でしょうね。少し勉強しましょう,、、ヒヤヒヤしますよ、これまでの文面と行動は。

アトピー患者さんに望むこと【3】

外用薬を多めに自宅に備蓄していただきたいです。多分足りるだろうと思って、ちょうど足りるだろうと思う量の処方を希望して、途中で経過が悪くなって外用薬が足らなくなって、悪化させる患者さんが少なくありません。そのような場合は予約を繰り上げて来院してもらえればいいのですが、もともとの予約日に来院して悪化させる患者さんも少なくありません、薬が足らなくなくなりそうになると、かえって外用薬をケチって塗るので更に悪化します。私は常に多め大目に処方するようにしているのですが、受診日が遅れたりして、どうしても外用薬不足は起こります。

【赤嶺コメント】
あれほど多く塗布させて、さらに備蓄もですか?税金ですよ。本当に、あれほどの量を塗布して問題ないんですか?最初は1日10gでしょう、、、話半分としても5g塗布として、月に150gですか、、、怖いですね。0.1含有ですべて吸収となれば、0.15gですね、半年で一生80年分の無記号のステロイドホルモンが体内へ侵入することになります。これら生理物質は直接作用のため、記号を保持して、必要細胞の受容体と合体して作用させるようになります。半年で一生分ですからねぇ、、、怖いですね。あ、思い出した、この教授は、毎月200gまで大丈夫だからって言ってました。はい、昔、大学の一般者対象のアトピー講座で聞きました。その時もひっくり返りました。恥をかかせるので、質問はしませんでしたが・・・・僕が質問したら、逃げ出しますよね。

 

画像2

アトピー患者さんに望むこと【4】

治った人がいるという極めてあいまいな根拠で、科学的根拠に乏しい治療法を選択しないでもらいたいです。治ったという人も、自然治癒かもしれないし、本当は治っていないのかもしれないし、良くなったという症状はアトピー性皮膚炎ではなく、接触皮膚炎や2次感染症だったかもしれません。ステロイドは使っていないと称していても、本当は使っているのかもしれません。

【赤嶺コメント】
先生、、患者さんは本当の克服をしたいんです。一時的に良くても、またその先に苦しい時が来るのを知っているからなのです。先生の言われる克服理論が見えていないのです。でもね、その報道された曖昧な治療法を1件でも改善しない理論の検証されました?何もしていないんでしょう、当方をあれほど悪く言われていましたが、その理論など聞きに来ませんでしたよね、20数年間近くにいるのに・・。まず、批判するのであれば、『この理由で改善しない』という根拠を見せてほしいです。『私を信用しなさい』『ガイドラインに沿った治療です』『ステロイド剤は標準治療です』といっても、使用し始めて50年、これほど多くのアトピー患者が、この治療によって増えたのですから、これほど根拠に乏しい治療法はないのでは?私も25年間活動していますが、いまだかつてステロイド剤で、本当の改善ができたという方にお会いしたことがありません、僕だけかなぁ。あ、先生のところに来なくなったのは、改善したのではなく、あなたの信用がなくなったからです。何度診察に行っても、同じことしか言わないし、質問には納得いく答えはないし・・・と、言ってましたよ。

アトピー患者さんに望むこと【5】

予約が少しずれてもいいですから、定期的に受信していただくことです。悪化してから受診するのはだめです。「先週まではすべすべでした。」という重症患者さんが少なくありませんが、本人に先週まで危機感がなかっただけで、そこそこ悪化していたのだと思います。

【赤嶺コメント】
先生、いつ終了するんですか?あ、いつ悪くなるんですか?どうして悪化したんですか?それはね『あなたの自己管理が悪かったんだね』というようなコメントが聞こえそう。う~、怖いぃ~。水面下で悪化していたのかぁ、、、何故?『だから、自己管理が足りなかったんだよ』『危機感って言った方が良いかな』って、堂々巡りだから、診察に行っても仕方ないんだよねって言ってるよ。それより、一度、ステロイド剤処方し始めたら、重症化しなかったんじゃないの?間隔があくと悪化することちゃんと教えておいた方が良いよ。いつまで続くかも・・・『一生だよ』って。聞こえてきたぁ~。怖いぃ~。

アトピー患者さんに望むこと【6】

アトピー性皮膚炎は必ず良くなることを信じて諦めないで欲しいと思います。少なくとも、周囲の一般人からはアトピーだということが分からない程度にコントロールして欲しいと思います。金沢大学皮膚科のアトピー外来では90%の患者さんがその目標に達成していると思います

【赤嶺コメント】
患者さんは、良くなることをあきらめていません。良くなるとは、ステロイド剤無しで解決することを目指しているんですよ。ここを勘違いしているから、患者さんとも関係者とも話が食い違うんです。ステロイド剤を使用している間は、改善していないんです。その先何が起きるかも先生方も知らないように、患者さんは不安で不安で仕方ないんですよ。どうぞ、患者さんの努力を踏みにじらないような言葉遣いと気遣いをお願いします。90%の患者さんの99%がまだステロイド剤で維持されているんでしょう。使用しなくなって一時的安定していても、また、分岐点を超えると悪化するんですよね、、、、ここが苦しいんです。年齢が上がるほど、何度も何度も繰り返しているんです。先生と同じコメントを、もう何十年も前から何度も何度も聞いているんですよ、だから、先生、いや皮膚科医全員が信じられなくて、民間療法へ流れて成功された方々の声が多いのです。声が多いと、取材も多くなりますし、良くなった方はコメントもしますね。ステロイド剤を使用している方、この件についてあまり話したがらないのは、自分は良くなっていないと思っているからですね。先生、ステロイド剤で安定しても意味ないんです、、、いや全部ではありませんが、患者さんとしては、『治っていない』のです。

 

画像3

アトピー患者さんに望むこと【7】

せめて薬の名前はきちんと憶えて欲しいです。「なんか、赤い感じのチューブありますよね。」ご高齢の方ならともかく、20代の患者さんなら、「自分のために薬の名前くらい覚えなさい」と喝です。

【赤嶺コメント】
出来ればステロイド剤は、使用したくないのでなかなか覚えないんですよ。一生使用しなければ生きてゆけない、薬の使用間違いで命が危ないとなれば、覚えるでしょう。先生もこの薬はどんな特徴で、どれくらい使用して、どこに使用するくらいは説明してほしいですね。院内薬局であれば説明もできますが、処方箋ではしないかもしれませんね。出来れば、患者を無能扱いしないでください。本当は、褒めていただきたいのです、国立大学の偉い教授先生に・・・・だから、患者の責任にしないでください。あなたも少し泥を飲んでください。って、内心思っていると思うよ。高齢者は医者を信じているから、薬がないとダメなんですよ、足りないと不安で不安で眠れないで、睡眠薬をもらいに行くんですよ。不眠の原因は何なんだよって言いたいけど、高齢者の薬好きは、白衣に騙されたね。薬を飲まない高齢者と飲む高齢者の健康差は大きく開いていることでしょうね。先生も自分で患者さんにステロイド塗っているらしいので、厳しいこと起きるかもしれませんよ。手荒れはあるでしょうが、またさらに強いステロイド使用すれば大丈夫ですよね、、、売るほどあるものね。薬理の名前覚えたら、いいことあるのかなぁ~。

アトピー患者さんに望むこと【8】

ともかく素早く洋服を脱いでほしいですよね。皮膚科を受診して、「よく見せてください。洋服脱ぎましょう。」と言ってもジャケットだけ脱がれて、「しっかり見せてください。」に「まだ脱ぐんですか」と言われると、この人と何しに来たんだろうと思います。

【赤嶺コメント】
いや、それは先生が可笑しいですよ。皮膚科には症状部位を見せるだけですよね、、、全部脱ぐ必要はないでしょう。若い女学生やOLなどは二度と行かないことでしょう。若い二枚目の先生であれば、言わないのに脱ぐかもしれませんが、問題のない部位は見せませんよ。脱がなかったら変な顔して『ここに何しに来てるんですか?』となるんでしょう。『先生にこの皮膚を治していただこうと思ってきています。しかし、先生は治る法則というか理論を教えていただけません。ただただ、この薬を塗れ、聞かなかったらもっと強いこの薬を塗れ!っと。いうだけで、どの様に効くのか、いつまで使用するのか、この先どうなるのか聞いたことがありません。そんな先生に、体全部を見せるんですか?』って言いたいんだと思うよ。ま、診察しないと薬貰えないので来ただけですって、言えないんですよ。先生、年寄りなら良いけど、女学生やOL、若妻に同じことしていると、本当に捕まるよ、気を付けて。一部の皮膚みれば理解できるでしょう、触診ですか、、、触らないと気が済まないのですね。いや~ん。

アトピー患者さんに望むこと【9】

他の病気の患者さんでも同じですけど「ついでに聞きますけど、このほくろは悪性ではないですよね?」と家族の診察を無料で受けようとしたり、「親戚が膠原病で関節痛がひどいのですがどんな薬がいいですか?」と情報を無料で得ようとするのはずるいです。

【赤嶺コメント】
大した情報じゃないでしょう、先生を試しているんですよ。本命のアトピー理論がしっかり出来ていないから、どこまでの医者なのか見ているんです。その返答の仕方、断り方、目の動き、慌て方等々確認しながら、どの医者を選択しようか試しているんですよ。天下の国立大学付属病院には、必ず素晴らしい医者がいるとは限らないのですよ。ま、先生は該当しないかもしれませんが、みんなどんぐりの背比べですよ、大して変わりありませんので悲観しなくて良いですよ。ある、ブラックボックスを理解できなえれば、このアトピーの改善方法は見つかりません。腸内細菌の問題だけではありませんよ。ただ、乳酸菌を飲めばよいということでもありません。数十のポイントのをクリアして、初めて基礎整備が出来て、改善方向へ進んでゆくのです。退官の記念に教えてあげようかぁ?ま、プライドが許さないだろうから、、、その気になったら、大金をもって起こしください。近いので・・・あ、東京に戻るのかぁ。定宿は品川プリンスなので、連絡くれればお会いしますよ。

アトピー患者さんに望むこと【10】

準備の悪い患者んも困ったものです。ずっと通っている患者さんなら「次かこの日でいいですか?」と次回予約日の候補日をあげてくれますが、「さあ、どうだったかな。この日は出張が入って、この日は会議で…」診察室で手帳を広げてなかなか決めない患者さんが時々います。私のアトピー診療は月水午前、火午後とすべての患者んに伝えていますが、金曜日や時には土日に見てくれと言われることがあります。「銀行でもあなたの都合で特別オープンすることはありませんから」と説明しますが。こういう患者さんの方がコントロールの状況は悪い傾向があります。

【赤嶺コメント】
次の診察日は予定していなかったけど、一応言われたからということでしょう。『診察しないと薬くれないんだ』となると、大学病院でなくても大丈夫だし、小さな病院の方が良いのかもね。アトピーを克服できると期待してきた大学病院だったが、その言葉が出るとは、もう去ってゆきますので、あまり取り合っても仕方ないですよ。あなたの診察日なんて気にしていない証拠ですね。もう、見切られたんですよ。天下の国立大学病院を馬鹿にしていますよね。いつもの『はい、次の方どうぞ』ですよね。3分治療で薬を多く売らなければ、製薬マネーが入りませんよ。さあぁ、売るぞぉ~。でも、今度の訪問診療、薬代、保険効かないんですよね、大丈夫ですか?診療申し込みもですが、製薬マネーは入りませんよ。理論はないし、男前とは言えないし、言葉もちょっとという感じだし、保険効かないし、背中曲がってるし、心配だなぁ。

【まとめ】

患者様の悪口言ったらダメ。あなたを頼りに来ているんだから、
『必ず改善させてやる・克服させてやる』
という気概で頑張るしかないですね。それも、ステロイド剤無しで解決できる方法を見つけましょう。それが、訪問診療成功の早道と思いますよ。であれば、どんどんとオファーが入りますよ。マスクの問題や言葉の問題や保険の問題など関係ないのです。患者様は、薬なしで良くなりたいのです。これだけなのです。それを、まだ薬売りをするのは無駄です。富山の薬売りの方々の仕事もなくなりますので、温泉療法か乳酸菌療法か手かざし療法がいいんじゃないですか。

 

画像1

 

アトポスSP

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 

無料相談メール

 

【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】


【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 

 


アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村