アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

『ニセ医学』という標準治療の先生方、40年掛けて数兆円もの税金を使って研究してもどんどんと増え続けるアトピー患者。その標準治療、『ニセ医学』ではないですか?

『ニセ医学』という標準治療の先生方、40年掛けて数兆円もの税金を使って研究してもどんどんと増え続けるアトピー患者。その標準治療、『ニセ医学』ではないですか?


これまでも多く当サイトやSNSで登場させた皮膚科医は、彼らの言う『ニセ医学』の根拠も示せず、自己主張するステロイド剤治療の標準治療のメカニズムも知らずステロイド剤の量が問題であり、続ける事が重要』と言うのみ。

 

こんな軽薄な医者たちが、大事な子供たちの体を無謀にも世界一副作用のあるステロイド剤を大量に使用し、成人になるまで改善出来ない体を作り出し、『青春を奪い、夢を奪い、生きる喜びを奪うこの輩たちに天罰を』と言いたいところだ。

もう40年。もう直ぐ、多くの結果が出るだろう。

 

そして、この輩たちが言うニセ医学の中のどれかがが標準治療となり標準治療のステロイド剤を中心とした薬物治療が『ニセ医学』となると予想される。

その防衛の為に、

 

皮膚科学の勉強はそっちのけで、ジャーナリストにでもなったつもりで毎日『ニセ医学』『ニセ医学』と吼え続けている、バカな医者には、書いたコラムの批評をこれからも続けていく。今は、多くの障害で拡散できていないが、何処かでバズるのを待つ。

本当に許せない奴らである。大塚篤司医師、堀向健太医師、山本健人医師は、本当に勘違いしている。

今回の見つけたコラムでも、、、、医者の持つスタンスではない。もう一度、小学生からやり直し、人間とは何かを体で知ることが重要だろう。

くだらないこと考えずに、もっとどうしたらアトピー性皮膚炎で苦しんでいつ方が、いち早く改善できるか・・・これが全てなのだ。

 

教えて欲しいと頭を下げれば、教えてやる。誰にも教えを請わず、自費で多くの経験をして作り出した、最短での克服方法を。

 

皮膚科医全体が同一処置を行えば、この社会からアトピーはゼロとなる。

アトピーの子供が生まれない方法
②運悪くアトピー発症した乳児を1年以内で克服する方法
③今困っている方々が3年以内に克服できる方法。


どう、3年以内でゼロと成るんじゃない?

人を批判するときには、その中に入って本当に理論的に間違っているか否か、目的が何なのか、しっかり確認して行ないましょう。当方への取材はまだだから、連絡くれれば時間取るよ。弱虫だから、そんな勇気無いか。

表題は、下記だけど・・・・違和感なんか無いじゃん、嘘つき。

大塚君、1人でいいから克服者を見せてよ、

、、、紹介してよ、コラムでいいから。その方の住所とお名前を教えてよ、個人情報あるだろうけど、あなたの信頼を回復させるために、その方に頼んで了解とってよ。期待しているよ。

早速読んでみてください。何これ?って、思うよ。


◆「ニセ医学を撲滅する」という意気込みに対する違和感
277
大塚 篤司


写真家でがん患者の幡野広志さん(@hatanohiroshi ?)の「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」を読んだ。

幡野さんは1983年生まれ。1976年生まれの私より7つ若い。

2016年、お子さんの優くんが生まれた翌年、多発性骨髄腫という癌を発症し余命宣告を受けた。

そこから、「優くん」に伝えておきたい人生のヒントを書き残した、穏やかで優しい内容が盛り込まれた素敵な本。

この本の中で「優しい虐待」という言葉が出てくる。

幡野さんが末期がんということを知った知人や親族が、「このサプリが良い」とか「気功のすごい先生がいる」など大量に怪しい勧誘をする、この根拠なきアドバイスを「優しい虐待」と呼んでいる。

善意からくる根拠なきアドバイスは、患者を間違った治療に誘導し傷つけ、そして苦しめる。

優しい患者さんほど「優しい虐待」を善意で行う人たちに何も言えない。言い返せない。

幡野さんのツイッターを読むと「優しい虐待」だけでなく、心無い「ただの虐待」も送られてきており本当に胸が痛む。

根拠のない医学的アドバイスは世の中にたくさん出回っている。それは癌だけでなく私が専門にしているアトピー性皮膚炎も同じだ。

私はまだ20代の頃、アトピー性皮膚炎の根拠のない治療を勧めている医療従事者に真剣に怒って戦った。いや、正確に言うと戦ったつもりだった。

私が勤務していた田舎のとある総合病院の近くには、ステロイドを使わないで治す、いわゆる「脱ステロイド」の有名な皮膚科があり、全国から重症のアトピー性皮膚炎の患者さんが集まっていた。

標準治療を選ばなかった(選べなかった人も多いのだが)患者さんが選んだ「脱ステロイド」。この脱ステロイドも合わなかった患者さんの一部が駆け込んでくるそんな病院だった。

「健康食品に毎月30万円くらい使っています。今、好転反応で皮膚の調子が悪いので見てもらえますか?」

毎週のように「根拠のない何か」を治療として実践している患者さんを前に

好転反応なんてものは医学的に存在しません。ステロイド外用剤は正しく使えば安全です。しっかり治療してください。」

と、私は時間をかけて説明をおこなった。

そして、説明を受けた多くの患者さんは、ニセ医学から開放され、標準治療を受けることで症状が良くなった。

いや、現実はそういうわけにはいかなかった。

実際のところは、私の医学的に正しい説明を受けた患者さんの多くは、二度と私の診察に来ることはなかった。

なぜ?

私はずっと考え悩み続けた。20代の私は自分が間違っていた部分に全く気が付かなかった。

病気で苦しむ患者さんは、当然、私達医者に病気を治して欲しいと思って受診している。

ただ、残念なことに現代の医学では治せない病気、慢性の経過をとる病気も多く存在する。本当に多く。

私がもしそういう病気にかかったら(さいわい今はアレルギーと群発頭痛だけなんだけど)、もっと良い治療が世界中で存在しないか探し回る。それでも見つからなかったら、そしたら、とても残念だけれども、最後は私の心もみてくれる優しい先生を探す。

私の話を聞いてくれて、受け入れてくれて、そして正しい治療を行ってくれる先生にお願いする。

決して、正しい治療を行ってくれるだけの先生は選ばない。

僕もニセ医学を撲滅したい。声を大にして「その治療法は医学的に間違っている」と叫びたい。SNSでばっさばっさと間違いを切って、その分野のヒーローになりたい、そんな低俗で下品な気持ちだって持ち合わせている。

でもね、

切った刀の先には、ニセ医学を信じて苦しんでいる患者さんがいる。だから僕はしない。

今まさにニセ医学に苦しんでいる患者さんには「とりあえず話を聞きましょうか。」って伝えたい。

大きな声を出せばきっと遠くまで届くのかもしれないけれど、私の近くにいる人は耳が痛くなるはず。

近くの人に届く声でゆっくり時間をかけて「こっちの治療のほうがいいんじゃない?」って提案できるそういうお医者さんであり続けたいと思ってます。

なーんてね。


【赤嶺コメント】自分をお医者さんって言うんじゃない、そして、患者は時間が無いんだよ君の克服理論を聞きに来ているんだよ、誤魔化すんじゃない。これまでの多くのコラムから見えてくるのは、完全に勉強不足。仮説の立て方も方向違い。フィラグリン理論も見当違い。その前の問題ですね。

目の動きと体からだ得る波動で『あぁ~、こいつは信用できない』と思って2回目は来ないんだよ。患者は、第6感が異常に働くので、あんたの浅はかな考えは直ぐに見透かされるんだね。皮膚の1感が崩れると、6感が働くということ知らないんだね、適当に診察していたら、直ぐに評判になるよ、『あの医者はダメだ』って。ま、人相もあまり良くないからね。

毒突けば、自分に毒が回ることは知っているけど、こいつだけは許せない。今後もコラムを見つけたら直ぐに批評してやろうね。ま、基本的に理論なしだしね。

僕はね、いつもは優しいんですよ。



な~んてね。あ、、あいつの真似してもうた。

 

アトポスSP

www.atoppos.co.jp

www.atoppos.co.jp