アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

アトピーの方が多く行く北海道『豊富温泉』のローションが発売・・大丈夫かなぁ?

f:id:umi293293:20190724173315j:plain

楽に楽に

『豊富温泉スキンケアローション・塗る豊富温泉』で、”奇跡の湯”とも称される北海道 豊富(とよとみ)温泉の恵み・栄養成分を自宅で手軽に感じられる!

f:id:umi293293:20190724171601j:plain

豊富温泉ローション・クリーム

【赤嶺コメント】

と、最近サイトやSNSで多く見かけると思いますが、北海道『豊富温泉』のローションが、先日、開発販売された。そうだよね、対象者が来るのは北海道で大変だから、その恩恵が自宅でも受けられるという謳い文句の『豊富温泉ローション・クリーム』。来客の多さを感じて、通販できるものはと誰もが考える。ただ、豊富温泉湯治をされた方々の殆どが改善されたのであれば、少しは理解できるが、パラベン、鉱物油、アルコール、合成着色料、香料フリーで解決できるのだろうか?

 

【リリース】

敏感肌の人も安心して使えるようにと刺激の強い商品は一切配合せず、赤ちゃんから大人まで、家族で使える嬉しい商品なのだ。
『豊富温泉スキンケアローション・塗る豊富温泉』で、”奇跡の湯”とも称される北海道 豊富(とよとみ)温泉の恵み・栄養成分を自宅で手軽に感じられる!

『豊富温泉 スキンケアローション』(250ml・税抜2,400円・2019年6月発売)は、豊富温泉水30%(源泉換算)、生まれつき表皮に存在するヒトガタセラミド、植物由来のセラミドが3種配合されており、肌バリア機能を高めながら、高品質のスキンケアを実現してくれる。
『豊富温泉スキンケアローション・塗る豊富温泉』で、”奇跡の湯”とも称される北海道 豊富(とよとみ)温泉の恵み・栄養成分を自宅で手軽に感じられる!

手に取ると、さらっとした肌当たりで、肌にスッっとなじむのが心地よい。


『豊富温泉スキンケアローション・塗る豊富温泉』で、”奇跡の湯”とも称される北海道 豊富(とよとみ)温泉の恵み・栄養成分を自宅で手軽に感じられる!


体に浸透しやすいとされるアルカリ性高張性の豊富温泉だからこそ成せる技だ。水分保持機能の高いセラミドは、洗顔後につけることで、しっとりな肌を持続させてくれる。
『豊富温泉スキンケアローション・塗る豊富温泉』で、”奇跡の湯”とも称される北海道 豊富(とよとみ)温泉の恵み・栄養成分を自宅で手軽に感じられる!

『豊富温泉 塗る豊富温泉』(40ml・税抜3,000円・2019年6月発売)は、体全体に使えるすぐれもの。内蓋と小さなヘラが入っているので衛生的。
『豊富温泉スキンケアローション・塗る豊富温泉』で、”奇跡の湯”とも称される北海道 豊富(とよとみ)温泉の恵み・栄養成分を自宅で手軽に感じられる!

豊富温泉水40%(源泉換算)、3種の、ヒトガタセラミド・植物由来のセラミドに加え、スクワランやホホバオイルなど天然由来の油分を配合しているので、温泉に浸かった後のような、あのしっとりとした肌を感じることができるだろう。

 

肌にのせると、豊富温泉の働きを感じられるはずだ。炭酸泉は血行を促進したり肌を洗浄する作用を高めてくれるし、肌のコンディションを改善してくれる生理食塩水に近い塩分濃度や、日本でもトップクラスの含有量を誇るメタホウ酸(殺菌作用)、マグネシウム(抗炎症作用)、メタケイ酸(美肌作用)など、とりわけ肌にとって、これでもか! というほど、書ききれないほど嬉しい働きがつまっているとってもありがたいお湯なのだ。

もちろん敏感肌の人が安心して使える、5つのフリー(パラベン、鉱物油、アルコール、合成着色料、香料)だけでなく、敏感肌専用のパッチテストも実施。アトピーなど肌トラブルに悩む人だけでなく、美肌を手に入れたい人にも、豊富温泉を毎日のスキンケアに取り入れてみてはどうだろうか?

 【再度赤嶺コメント】

温泉のphが弱アルカリといえば、皮膚の弱酸性とは真逆となるし、雑菌も排除できるが重要な皮膚常在菌も徐々に減少することになるが大丈夫?そうか、弱アルカリ度が強いので、雑菌が排除され一時的に改善したような感覚となるのだろう。炭酸泉は悪くはないと思うが、弱アルカリが皮膚へ浸透しすぎれば、空気中の雑菌も後には繫殖することになるし、皮膚常在菌の減少により新たな侵入路がで来ることになるが大丈夫なのだろうか?

 

さらに、保湿成分のスクワランとホバオイルも含まれており、皮脂成分と同様の感知となれば、自力での皮脂分泌ができなくなる様な気もするけど、、、自分だけかなぁ?おそらく、この開発者は、皮膚構造をあまり理解されていないような気がする。特に皮膚が正常化するのに重要な皮膚常在菌の存在を意識しなくては、本当のアトピー商材を開発することは出来ないと思う私見

 

だったら、単純に『炎症部位の雑菌を排除し、周囲の有用菌を保護するローション商材』が良いのでは?と思う。それは、雑菌排除のための一部素材とph4であり、周囲の有用菌保護の為に乳酸菌生産物質を含有させている。当方推薦の『四輝水』。あ、宣伝してしもうたぁ。

f:id:umi293293:20190724172917j:plain

四輝水

 

豊富温泉の成分が、どのようなメカニズムで肌に作用しているのか?通常温泉との差は何なのか?それも示されていないし、温泉入浴経験者のその後の調査なども知らされていない。当方の関連者では、確実に再発している。それは、皮膚常在菌の問題もあり、アトピー克服の基礎整備が出来ていないからだと思う。これまでの経験上、アトピー性皮膚炎が温泉療法で本当の改善はない。と、断言できる。

 

www.atoppos.co.jp

www.atoppos.co.jp