アトピー医療の本当のこと

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

産婦人科医の思惑の一端

産婦人科医の思惑の一端

f:id:umi293293:20190131105845j:plain

不妊治療にはご用心~

これまで産婦人科医の収入源の一番とされる出産収入。出来るだけ多くの収入となりえる処置を施す帝王切開への誘導』『抗生剤投与への誘導=ガイドラインに沿った検査にて』『黄疸検査による光線療法処置』などお知らせしてきました。

産婦人科医は、さらなる収入を得られるように、少子化に対応する治療を駆使して収入を画策しています。

最近のドル箱治療が『不妊治療』です。恐ろしいほどの収入が見込まれています。その実態を知っているのは、子供に恵まれなく止む終えず『不妊治療』をされた方々でしょう。
その裏話の一端が、ここ大学病院の前の中華料理店での会話です。一昨年3月のお話です。情報サイトに公開されていましたのでお借りしました。

京都府立医大病院真ん前の、
中華料理店「唐朝」で。


隣りのテーブルから、
漏れ聞こえたお話しです。


『今は、なんたって、不妊治療さ!


妊娠しなけりゃ、
しないほど、
儲かり続けるんだぜ!


1回で、
妊娠しちゃったら、
有り難みが薄いだろう?


12~15回目くらいで、
妊娠するのが、
ちょうどいいんだ。
そこそこ儲かるしさ。


高齢とかで、
金もありそうでさ、
60回とか70回とか引っ張るとさ、


クレームはこないけど、
本人たちが、萎えちゃうんだな。


ならさ、
早目に妊娠させてさ、
産んだあとに、


たいがい、
第2子を、ってなるんだから、
そっちで、引っ張ればいいんだよ。


1人出来てるからさ、
2人目も!って、頑張るからさ。
60回、70回だって、平気なんだな。


もう、癌なんてさ、
大学に回してさ、


不妊治療専門クリニックが一番さ。
開業に、
たいして金もかかんないぜェ』

 

 

f:id:umi293293:20190131110950g:plain

医療現場、、、このザマです。
お金が飛び交っているのは、
癌治療だけでなく、
不妊治療も、でした。


ムカムカ、、、
吐き気がします。


肌がブツブツした、
ガマガエルが車に轢かれた顔の、
肝臓が悪そうな黒い顔色の男でした。


この中華料理店、
「糖朝」と間違えて行ってしまい、
こんな話しを聞くことに。


それにしても、
大きな声で、、、


お店のスタッフも、
お客さんも、
中国人だらけ、、、


私たちも、
中国人に見えたかな?


許しがたい!
許せん!!

 

 


※という内容です。私の友人のお嬢様もお子様が出来ないようで、不妊治療をされていましたが、随分と応援されていたようで、300万円応援してやっと授かったのですが、結果的に流産されたようです。若夫婦も随分と治療ごとに苦労されたようで、『もう子供は要らない』って、お孫さんの顔は見られないとのことでした。

各病院によって費用の差はあるのでしょうが、、、、お高いようです。

 

産婦人科医さん、、、日本の存続が掛かっている重要なポジションですから、国のため、幸せな家庭つくりのサポート役を意識して、真摯にお仕事をしてください。

次回は、こんな産婦人科医だけではない、立派な活動をされている産婦人科の先生をご紹介しましょう。

 

 

 

www.atoppos.co.jp

www.atoppos.co.jp