アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

花嫁を苦しめる標準治療~ステロイド剤・プロトピックの功罪~

花嫁を苦しめる標準治療~ステロイド剤・プロトピックの功罪~

f:id:umi293293:20190116165349j:plain

標準治療(ステロイド剤を含む薬物療法)が多くの幸せを奪っている現実を厚生官僚や医師会、製薬会社は、国民の幸せを目指して、改めを開始しなければ、この日本は終了するかもしれない。

 

このアトピー症状は、一般の人では考えられない皮膚症状が発生します。特に結婚を目前にした花嫁は辛いものです。

 

アトピーを理解する新郎であれば問題は無いが、何も知らない新郎であれば、この場面でいろいろなトラブルも発生するかもしれません。

多くの情報サイトでは、下記のように

「結婚式をするのが苦痛…」女性が抱えていた深刻な事情に波紋が広がっている。

■結婚式をしたくない理由

結婚式をしたくないと悩んでいる26歳の女性は、生まれつきアトピー体質で、ひじ・ひざ・首のまわり・手のひら・背中など、とくにアトピー肌が目立ってしまっているという。

そのため、極力人前に出たくないのだが、「肌は化粧で多少隠せる」と言われ、自分のコンプレックスと板挟みな状況に。


■注目を浴び、写真を撮られることが苦痛

この苦しさを知らない新郎は、晴れ姿を親戚に自慢したいなどと、イヤイヤながら結婚式を挙げても嬉しい顔は出来ないし、写真も多く取られ後から批評されるのは辛いという。


この女性たちは、真夏でも肌の露出をためらっており、できれば彼と2人きりで海外で挙式するか、写真だけのフォトウェディングにしたいというのが本音。「育ててくれた両親への感謝」という面を考えると、心が揺らぐようだ。

 

多くの人から注目を一身に浴び、写真を撮られることはアトピー女性にとって耐え難い苦痛。こんな状況に誰がしたのだろう?自己責任はともかく、国のガイドラインに問題があるのでは?と彼女は疑問視するのです。

 

脱ステしている方々の結婚は、写真も黒く写るし、炎症・腫れも含めて辛いことばかりだが、このときだけはとステロイド剤の再使用という方が少なくない。

このような方々が数万人居るという。また、この苦しみを知っている新婦は、子供に移したくないと出産を諦める方々も居られるようです。

 

f:id:umi293293:20190116165702j:plain



 

ここにも、今の標準治療は苦しめていることになる。

 

そして、少子化の問題にも関与していることも予想されます。

 

このほかにもっともっと現代社会の生活で苦労させる要因となっていることは間違いない。仕事も出来ない状況となり失業となれば、税金収入もなく、どんどん減収となるのだから、国の運営は厳しくなるのです。

 

いや、大袈裟ではありません、国の発表のアトピー数と現実は20倍近く違っていることも付け加えておきます。若者の数だから、、、、700万人が税金を払わなくなれば、、、、税収は半分以下となるし、国債発行できなくなれば国が沈没することになりますね。いやいや、、大袈裟ではない。

当人たちは、親の言う事を聞いての進行だから、親は信頼する医者の指示だから、医者は国の指導だから、、、と責任転嫁となるのは、今の政治家や官僚を見れば直ぐに判りますよね。

今、調整しなければこの国の未来は無い。

しかし、もう待てないという方々は、こちらのサイトで勉強して、自分の克服の出口をしっかり見据えて、明るく元気に過ごす事が大事です。

f:id:umi293293:20190116165441j:plain

www.atoppos.co.jp

www.atoppos.co.jp