アトピー完全克服マニュアル~終着駅~

真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く

皮膚科医

【プレスリリースを斬る】また新薬が。誰のためのクスリなんだろう?

少食・少欲 JT アトピー性皮膚炎治療薬としてデルゴシチニブを 承認申請 外用JAK阻害薬 JT製薬 日本たばこ産業(JT)は1月31日、外用JAK阻害薬デルゴシチニブ軟膏(開発番号「JTE-052」」について、アトピー性皮膚炎の治療薬として同日に承認申請したと発…

らい予防法違憲国家賠償訴訟の終結を見て(ハンセン病)

※らい予防法違憲国家賠償訴訟とは、日本の著明な国家賠償訴訟のひとつ。ハンセン病に罹患した患者を伝染のおそれがあるとして強制隔離することを定めたらい予防法が、日本国憲法に違憲であるとして提起した国家賠償訴訟である。 先日、ハンセン病患者が起こ…

医者って、脅し文句が多いと思わない?

医者って、脅し文句が多いと思わない? がん患者に 医者『はっきり言います。あなたに残された命は半年です』 患者『うううぅぅぅ~』 と、泣き出したり、呆然とする姿を再現テレビなどで見かける。 どんな気持ちなんかねぇ?その医者って。 そんな宣告する…

新薬ディクピセントの処方効果は?

新薬ディクピセントの処方効果は?~これも大問題となる薬かも=費用対効果基準から~ メカニズム 昨年4月より新薬認可に沿って処置し始められた『ディクピセント』だが、2週間に1度の処置で良いこと、薬理作用などが明確であることなどから期待され、各皮…

【プレスリリースを斬る】1才発症から現在44歳まで克服なし・・・諦めた

【赤嶺コメント】お読みになる前に一言。この方は、作家・活動家をされている44歳の女性です。この厳しい人生を、通常の方は理解できないかもしれませんが、アトピー性皮膚炎を患っている方々の多くは、この幼少時代から恐ろしい経験をされてきていることな…

【プレスリリースを斬る】皮膚バリアと感覚神経の関係を可視化

皮膚バリアと感覚神経の関係を可視化-アトピー性皮膚炎などの痒みのメカニズムに新知見- 2019年6月19日理化学研究所 日本医療研究開発機構 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター組織動態研究チームの岡田峰陽チームリーダー、髙橋苑子リサーチアソ…

アトピー標準治療(ガイドライン)は製薬マネーが目的で作られた?②

アトピー標準治療(ガイドライン)は製薬マネーが目的で作られた?②~製薬マネーが厚労省関連審議委員にも~ 前号では、製薬マネーが学会や医師たちへ流れ、その金目的に治療ガイドラインが作成されたと報じました。 でも、いくら製薬マネーが皮膚科学界や皮…

アトピー標準治療(ガイドライン)は製薬マネー(ステロイド剤)が目的で作られた?①

逃げるな アトピー標準治療(ガイドライン)は製薬マネーが目的で作られた?①~この20年間の薬物(ステロイド剤等)被害者はどうする?~ ※コラムが長すぎるので2回に分けることにした。 標準治療(アトピー性皮膚炎治療ガイドライン)がどの様にして作成…

【プレスリリースを斬る】赤ちゃんの保湿の大切さとは?

いのち 赤ちゃんの保湿の大切さとは? ~赤ちゃんの保湿剤の選び方~ 【赤嶺コメント】 毎日、アトピー性皮膚炎に関する多くのプレスリリースを確認する。今回の赤ちゃんからの保湿は大問題と思う。いや、絶対に行ってはいけない。もし、免疫過剰(アトピー…

アトピーに対応する皮膚科医・小児科医不要説

尾畠春夫先生 アトピーに対応する皮膚科医・小児科医不要説 30年で約700万人と増えたアトピー患者。 さらに、ステロイド剤被害によって、人生を大きく狂わされた数百万人の成人の方々。 携わった医者誰もが、その責任を負おうとはしない。 『これは俺(…

医者に製薬会社が払うお金の知られざる真実

今年1月に掲載されたトピックだが、凄い内容だ。 医者に製薬会社が払うお金の知られざる真実 ~支払いの実態を徹底的にデータ化してみた~ 医は算術 上 昌広 : 医療ガバナンス研究所理事長 2019/02/01 5:40 1月15日、「マネーデータベース『製薬企業と医師…

皮膚科医・小児科医・産婦人科医がこの日本を崩壊させる

皮膚科医・小児科医・産婦人科医がこの日本を崩壊させる このタイトル凄いでしょう、今の医療システムが壊れるか、厚生官僚天下りが無くなるか、社会貢献意識の強い皮膚科医・小児科医・産婦人科医(無理だろうけど)とならない限り、表記内容は悲しいけど実…

『風呂に入らなくなったらアトピー症状が良くなってきたぁ~。』何でだろう?『それはね・・・』

contents ◆誰もが疑わない入浴による悪化 ◆アトピー症状には逆効果の入浴 ◆湯治療法の是非 ◆カサブタは自己の絆創膏 第一根源となる腸管からの異物侵入阻止は条件です。 改善すれば、死ぬほど入ればよいのです。 ■この記事を読んだ方にオススメのIN YOU Mark…

花嫁を苦しめる標準治療~ステロイド剤・プロトピックの功罪~

花嫁を苦しめる標準治療~ステロイド剤・プロトピックの功罪~ 標準治療(ステロイド剤を含む薬物療法)が多くの幸せを奪っている現実を厚生官僚や医師会、製薬会社は、国民の幸せを目指して、改めを開始しなければ、この日本は終了するかもしれない。 この…

アトピー性皮膚炎処置における『脱保湿』の有用性と、ほとんど行われるワセリン・軟膏などの油脂系保湿による悪化拡大の理由

contents 『油脂系保湿の問題点』 アトピー改善(緩和)目的に保湿剤を使用 異物排泄口に蓋をすれば、他の部位から排泄する どんな事をしても異物排泄は、根源を解決しない限り発生することになります。 問題の油脂系保湿の悪化理由です。 『皮膚常在菌が死…

アトピー悪化要因とされる第2の異物侵入路は『皮膚』です。『皮膚常在菌』の存在を意識して処置しましょう。

contents 次に第二の原因とされるのは、 空気中の雑菌やウイルスなどの温床となってゆきます。 『ph5前後の弱酸性』 『1平方センチ当たり約100万個1ミクロン』 『美肌菌』 この皮膚に存在する有用菌群を意識しないで、正常皮膚は構築できないと言え…

アトポス便り No.48号 アトピー治療の変

アトポス便り No.48号 アトピー治療の変遷 / 2018年12月27日(木) ■□━━ 一般社団法人アトポスSP━━━□ アトポス便り No.48号(2018年12月26日) http://www.atoppos.co.jp/ □━━━━━━━━━━━━━━━━━□■┼─────────────────┼□はじめに┼─────────────────┼本日は12月26…